25話26話のあらすじ 『油っぽいメロ』


あらすじ 6/26放送『油っぽいメロ』25話26話


チャン・ヒョク
<기름진 멜로>
“Wok of Love”


『油っぽいメロ』
 25話・26話のあらすじ(記事)




스포츠서울
http://www.sportsseoul.com/news/read/651588
 
 (종합)'기름진 멜로' 준호♥정려원, 몰래 연애 시작 '달달 키스'
 (総合)『油っぽいメロ』ジュノ♥チョン・リョウォン、こっそり恋愛開始、~甘いキッス

  2018.06.26 23:06  스포츠서울


『油っぽいメロ』、ジュノとチョン・リョウォンがこっそり恋愛を始めた。 



油っぽいメロ



26日午後放送されたSBS月火ドラマ『油っぽいメロ』はソ・プンとタンセウ(チョン・リョウォン)が本格的に恋愛を開始する姿が描かれた。

タンセウはソ・プンに「あなたが大好き」と単刀直入に告白し、ソ・プンも「俺も」と、お互いの感情を確認した。 
するとタン・セウは「私たちの今どうすればいい?」と心配な心を表わした。 これに対しソ・プンは「恐れることはない。これから俺たちより多くの愛しあう。いきなり逃げたりしない。再び傷つかないようにしてくれ」と言ってタンセウを抱いた。

ドゥ・チルソン(チャン・ヒョク)は、タンセウに向けた心をソ・プンに話した。
チルソンは「俺たちの店の前にいる猫のオンマになってやることにしたよ」と話はじめ、「セウに二度も断られたけどまだ未練が残ってるようだ」と本心を打ち明けた。
「缶詰の有効期間のように、誰かが俺の心が傷めば捨ててしまってほしい」と吐露した。
これに対しソ・プンはタンセウとの関係をドゥ・チルソンに言おうと、「言いたいことがある」としたが、オ・メンダル(チョジェユン)の登場で話を続けることができなかった。

ジン・ジョンヒェ(イ・ミスク)はソ・プンとタンセウの関係を疑った。
彼女は「ソプンはタンセウを好きだわ」と独り言を繰り返した。
続いてタンセウを呼んで、「ひょっとして、ソ・プンはあなたが好きなようだわ」と言い、「あなたのレベルに合った良い男ではない」と助言した。

タンセウは「絶対にそんなことはないわ。ソ・プンは私を女として見ていないもの」と反論した。 それでもジン・ジョンヒェは「あんな男に目をうばわれてはダメよ。ソ・プンを好きになるようだったら、ここを忘れて出ましょう」ときっぱりと語った

タチンセウとソ・プンはぎくしゃくデートを楽しんだ。
タンセウは「私たちの厨房家族には内緒でこっそり恋愛しましょう。こっそり恋愛するのがよりぴりっとするじゃない」と提案した。
ソ・プンは「仕事に差し支えるわけではないのに、それなのに何故こっそりしなくちゃならないんだ?」と困惑した。しかし、タンセウの説得にソ・プンは「わかった。こっそりしよう」と納得した。
タンセウは「この世界であなただけ欲しいの」と切なさを表わした。

カン・ボラ(ホンユンファ)は、ワンチュンス(イム・ウォニ)がジャイアントホテルVIP予約を進めていることを気付く。
カンボラはすぐにソプンに電話してそっちにVIPの予約がキャンセルとなると教えた。
するとソ・プンは予約した病院に電話して「キャンセルの可能性があるのか​​」と尋ねたが、病院側は「そんなことはない」と回答した。
しかし、バンケット2時間前になって、太陽病院はソプンに「本当に申し訳ない。宴会をキャンセルしなくてはなりません。 病院長様がジャイアントホテルで直接進行することに決められた」と謝罪の言葉を伝えた。

これに対しソ・プンはホテルでの食事を終えて出てくる病院長を待っていた。
彼は「2次をおレストランで飲み物れるのがオトトニャ」と提案した。
西風の食事を食べた病院長は、驚くべき表情をし、小切手一枚を残して席を離れた。


SBS『油っぽいメロ』は、毎週月曜日と火曜日の午後10時に放送される






油っぽいメロ


ep26.jpg











いつもたくさんのご訪問を頂きありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません



Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk.zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

0 Comments

Leave a comment