『都市漁師』アラスカ編Part_2 プレビュー(内容記事)


プレビュー。『都市漁師』アラスカ編パート②

チャン・ヒョク 
도시어부 City Fisher


『都市漁師』アラスカ編Part_2 [Ep52]
プレビュー  

2018.08.30 放送
ep52-あすじキャッチのコピー




プレビュー記事の中から
1記事をチョイス

http://osen.mt.co.kr/article/G1110978946
 
 "이렇게 행복할수가" '도시어부' 이경규×이덕화, 136cm 할리벗+대왕문어[종합]
 [総合] 都市漁師 イ・ギョンギュ×イ・ドクファ、136cm大ひらめ+大王タコ

   2018.08.23 10:58  


イ・ドクックァとイ・ギョンギュのアラスカの釣りでは、これまで以上に多くの魚をキャッチと幸せなひとときを過ごした。

30日チャンネルA、都市漁師(以下「都市漁師」)では、アラスカで最初の船上釣りに挑戦する都市漁師たちの姿が放送された。都市漁師たちとチャン・ヒョクは夢に描いたオヒョウ((Hallibut、大西洋カレイ)をつかまえるために、出発した。

起動するとすぐイ・ギョンギュの釣竿に少量のアタリが来た。しかし、1人当たり28インチ(約70cm)以オヒョウ1匹、28インチ以上の1匹だけ持つことができるというアラスカオヒョウ釣りの条件に応じてキャッチ&リリース(再放流)した。



都市漁師 チャンヒョク


以後イ・ギョンギュとイ・ドクファが休みなしにオヒョウを釣り上げ対物競争が始まった。そして遂にイ・ギョンギュがやり遂げた。1メートルだったメンバーが「ヒラメ王」と叫んだ。しかし、イ・ギョンギュは、より大きなヒラメを捕まえるに再度放流した。
制作陣は「黄金のバッジを得る為にはそれの2倍をとらなければならない」と伝えた。

イ・ドクファもすぐ115cmのヒラメを釣ったが、やはりより大きなオヒョウへのキャッチ欲で放流した。イ・ドクファは "アイ・ラブ・アラスカを叫んだ。



E52-記事1のコピー


しかし、チャン・ヒョクの釣竿は釣り上げることができなかったため、イ・ドクファが場所を譲ってやった。
チャン・ヒョクに2時間でようやくアタリが来た。人生初の大カレイ、長さは77cmであったが放流した。チャン・ヒョクが「ドックァ先生に場所を譲っていただくまでは捕れないかもととても心配になりました。ありがとうございます、再び挑戦します」と言った。

チャン・ヒョクが続い保持上げた。「面白い」と「釣れ始めると、まあ8枚も続いて釣れた」と笑顔を浮かべた。

いよいよイ・ドックァが膨大なサイズのオヒョウを捕まえた。56年の釣り人生の奇跡だった。
新しいヒラメ王として即位したイ・ドックァの大カレイは1メートル36cmであった。メンバーが「たて徳化」を連呼した。60ポンド(約30kg)であった。

イ・ギョンギュが「갓덕화(ゴット、ドックァ」とと驚いた。

現地スタッフは「船にオヒョウを釣り上げると飛び跳ねて人を傷つけることもあるので、オヒョウが上がれば銃で撃つこともあります。より安全のために」と述べた。



E52-記事2



忠武のり巻きでランチを終えた後、第二のポイントに移動した。
チャン・ヒョクに超大型アタリが来た。釣り二日目で結構フォームが良くなった。イ・ギョンギュが「リーリングするのがフォームが多く上がってきた」と賞賛した。しかし、小さなサイズであり、放流した。

いつのまにか終了10分前ラストキャストの時、イ・ギョンギュに多大なアタリが来た。厳しい死闘の末イ・ギョンギュが超大型巨大タコを捕まえた。重量が12kgであった。みなは口が塞がらなかった。

この日イ・ギョンギュは「今日のように幸せな日がなかった」と笑顔を浮かべた。

規定の結果発表。
1位はオヒョウ11匹を取ったイ・ドックァだった。しかし、番組の定める基準に達せず黄金のバッジはなかった。/














いつもたくさんのご訪問を頂きありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk.zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

0 Comments

Leave a comment