5-6話あらすじ『バッドパパ』~2018.10.08(月)放送

0 0
『バッドパパ』 Bad Papa/배드파파

『バッドパパ』5-6話


チャン・ヒョク
<배드파파>“Bad Papa” 


『バッドパパ』
 5-6話あらすじ (総合)

●放送:2018.10.08(月)



昨日放送5-6話のあらすじ総合記事は
あまりにも簡単過ぎるものしかあがらなかったので、

あちこちから拾ってきた "シーン記事"と
自分のレビューを加えて ^^
ざざざっと まとめておくことにしました。






 
  5-6話『バッドパパ』~2018.10.08(月)放送


5-6話あらすじ挿絵1のコピー


ジュ・グクソン(チョン・マンシク)はユジチョルに 
「七回格闘試合に出場するだけで目の前に見せた現金をすべて差し上げる、また勝利した時の手当は、これよりも大きい」と説明した。
ユジチョルは冷静であった。 無言で出て行こうとしたジショルを同席していたキム・ヨンデは彼をつかまえた。
ジュグクソンは「私は商売人である。より正確にはユジチョル選手にこれほどの価値があることを確信している商人だ。
ジチョルは、「この古くなった体の価値がこれ? 正気か? あなたの計算機が故障しているのでははないか?」と答えた。
ジュグクソンはもうひとつのお金のケースを開いて見えるようにして、「君は私を信じられないのではなく、自分を信じられないようだ。自分の可能性を貶めるしないでください」と話した。
これに対しユジチョルが「可能性を論じる年齢はとっくに過ぎた」と答えると、。ジュグクソンは「年齢よりも明確な数字がある。最も考えなければならない数字はそれだ」と言った。
それでもジチョルは彼の提案を無視して出ていった。




5-6話あらすじ挿絵2


チェ・ソンジュ(ソン・ヨウン)は、昔馴染みの友人イ・ミヌ(ハジュン)に会って "作家様" と呼ばれ、一緒に仕事することを祝った。
チェ・ソンジュは自分を作家と呼んでくれて認めてくれるイ・ミヌを有難く思ったし、イ・ミヌはチェ・ソンジュに一緒に江陵(カンヌン)に行こうと提案した。
これを目撃したチェ・ソンジュの職場の同僚は「オモッ!」を連発して、二人の中を怪しんだ。




5-6話あらすじ挿絵3のコピー


ジチョルは既に引退し現在43歳になっている自分に、ジュ・グクソン(チョンマンシク)がなぜ5億ウゥンまで積んであのような提案をするのかうさんくさく理解できず、また自信もなく一度は断ったがが、家賃の問題と、そして「私、アッパは堂々としていて欲しい」という娘ヨンソン(シンウンス)の言葉で最終的に復帰を決めた。
ユジチョルはジュグクソンと記者会見を開き、正式に総合格闘技の舞台復帰を発表した。
チェソンジュ(ソン・ヨウン)はニュースを見て驚愕した。




5-6話あらすじ挿絵4


キム・サンア (クォン・ウンビン)が娘ヨンソンを冷笑するのをを真横からやりきれない気持ちで見たジチョルは、ヨンソンのためにまずブランドバッグを購入した後、スニーカーと妻の服たちも次々と購入した。

家族へのプレゼントを買い揃え、そして一生懸命練習し終えたユジチョルは、チョン館長へもプレゼントを届けた。
ユジチョルはチョン館長(チュ・ジンモ)に格闘復帰の報告をしながら、感謝のお金の袋を渡して「殺されるかも知れない。でも借金の催促されながら死ぬのがもっと嫌だった。今考えるとこうして買い物をすることもしてこなかった」と言い人生について、これまで感じた気持ちなどを打ち明けた。
「今回やると決めたのなら精一杯やってみなさい」というチョン館長にジチョルは「館長。私は悪い奴じゃない。今度は本当の成功をしたいと思います。本当に」と決意を伝えた。




5-6話あらすじ挿絵5


学校で友達と一緒にいたユ・ヨンソンは、「これヨンソンのお父さんじゃあない?」という友人の言葉に驚いて、スマートフォンを見て父ユ・ジチョルが復帰するというニュースを見た。
ユヨウンソンはユジチョルの復帰ニュースについて次々と書き込まれる悪性コメントを見て眉をひそめた。

学校から家に帰ってきたユ・ヨンソンはユ・ジチョルが買ってくれた鞄を家にいたユ・ジチョルの目の前にどかっと置いて、「誰がこんなもの買ってくれって言ったの?」と自分の部屋に入ってしまった。
状況を知らないユ・ジチョルは何故娘がそうするのか分からず、カバンの色が気に入らなかったからだと思って自分を責めた。




5-6話あらすじ挿絵6


チョン・チャンジュン(パク・チビン)は、チャ・スンホ(チョン・インギ)博士が自分の意のままの要求を聞き入れず言い訳をすると、激しく怒った。
チョン・チャンジュンは過去のスンホ博士との出来事を持ち出して「あの時、あのことを思い出すだけで気分がとても悪い。おわかりですね?」と、チャ・スンホを凍りつかせた。
「博士...。今回の薬、上手くお造りになって、ノーベル賞を受けて今後あのようなことのならないと良いと思いますが」と皮肉たっぷりに言って、チョン・チャンジュンは冷たい笑みを作ったままチャ・スンホ博士をほったらかして出ていってしまった。





バッドパパ


格闘の試合会場に着くとジチョルは時計を忘れたことに気づき、キム・ヨンデ(イ・デビッド)に取り帰らせる。
ヨンデはジチョルの時計を探しにジチョルの家に入った。
文句を言いながらも結局時計を探し当てたその時、ユ・ヨンソンは彼見て、コソ泥と勘違いして、先のとがっ鉛筆を突きつけた。 キム・ヨンデは父親と一緒に働いている人間だと話して安心させようとしたが、ヨンソンは彼を信じないのかブスっとして押しのけて部屋に入ってしまった。




5-6話あらすじ挿絵8


ユ・ジチョルの復帰試合が始まった。
ユ・ジチョルは苦戦し、キム・ヨンデは観客の反応に怒って、「どうしておじさんの味方が一人もいないんだ。ああほんとに」と悔しがった。
1ラウンドが終わりふらふらになっているジチョルはヨンデには「飲むものをくれ」と頼んだ。ユ・ジチョルは、薬の効果が効いてきたようで目の前の焦点がスムースフェードした対象のみを明確に取れるなどの姿を見せ、再びマウスピースをくわえた。




5-6話あらすじ挿絵9


新薬の実験をしていたヨンオはいつものように実験台に上がるが、この日は何か別の感じがして不安がる。そして最終的に事故が起きた。
ヨンオの唇と顔が青くなりはじめカッと目を見開いて発作などの症状を見せた。 チョン・チャンジュン代表が、実験対象のヨンオの近くに行くとモンスターのように変わったヨンオに首を締められた。すぐに警備員が来たが、ヨンオは大きな体格のボディーガードさえも片手で制した。これにはチャ・スンホ博士でさえ驚きの事態であった。





5-6話あらすじ挿絵10

5-6話あらすじ挿絵11


放送末尾、
異種格闘技選手としての最初の戦いに挑んだジチョルが相手優勢にてリングの中で倒れよろけながらかろうじて目を開き第二ラウンドへ向かうシーンと、臨床試験に参加した実験者ヨンオが副作用で死亡することになる事件がオーバーラップされた








5-6話 挿絵



いつもたくさんのご訪問を頂きありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事
배드파파badpapaバッドパパチャン・ヒョク장혁チャンヒョク

0 Comments

Add your comment