『バッドパパ』なんでしょ? この番宣記事。5つのエンディング予測 (今日の記事&New still cut)


News&New Still cut♪released,Today.2018.11.18


チャン・ヒョク
<배드파파>“Bad Papa” 


なんでしょ? この番宣記事。
『バッドパパ』5つのエンディング予測

●11月18日 今日の番宣記事

なあんか...
ちょっと妙な番宣記事が上がりました。

5つの仮想エンディングというものですけど
こんなのって、視聴者それぞれがいろいろ想像して楽しむことができるのに
なんと、5つもエンディングパターンを上げた番宣記事です。

この番宣にはちょっと参っちゃいましたね。私は...。
確かに自分が想像もしていなかったパターンもありましたし
それらは結構おもしろいのですが、
ただ、制作側が今この時期こういう記事を上げたということには
ちょっと違和感あり。
せめて来週の番宣記事として上げてほしかった。

ま、
本当のエンディングはこの5つ以外ということでしょう。
それ以外でなくてはならないです。
だって、本当のエンディングがこの5つの中のひとつだったら
視聴者はしらけちゃいますもんね ^^



『バッドパパ』
残すところあと2週です
11月19日(月) 25-26話
11月20日(火) 27-28話
11月26日(月) 29-30話
11月27日(火) 31-32話

ちなみに、私のエンディング予想はブログにも書きましたが
番組スタート当初から
<家族や周りの人々を幸せにしてそしてジチョルは逝ってしまう>

ところが、このパターンは今日の番宣記事の5つのエンディングパターンの中にあります。
(私の想定内容とは、ジチョルが死ぬまでの経緯が全く違いますが ^^ )



 
  '배드파파' 장혁 통쾌 응징부터 새드엔딩까지..예상 결말 5
  『バッドパパ』

  2018.11.18   
1118-1.jpg


MBC月火ドラマ「バッドパパ」が放映終了までわずか2週間を残した中で、「破格結末」のネチズンの各種予測が続出している。

毎週月火夜10時に放送されるMBC月火ドラマ「バッドパパ」(脚本キム・ソンミン、演出ジンチャンギュ、製作号エンターテイメント、シグノルピクチャーズ)は勝負操作濡れ衣を着せられ地獄に落ちた退物のボクサーに超人的な力と恐ろしい毒性を持つ新薬が握られながら行われるドラマ。格闘アクション、新薬ファンタジー、家族愛が調和した新ファンタジースリラーだ。

特に前回は錠剤の怪力から逃げたかったユジチョル(チャン・ヒョク)がジュグクソン(ジョンマンシク)とビッグジビン(ジョンチャンジュン)の計略により、無理に新薬を摂取した後、最終的にはグックガングの暴走に苦しむ場面が含まれてくらっと緊張感をプレゼントした。これと関連し、「仮想破格エンディングNO.5」をまとめてみた。


仮想エンディングNO.1痛快エンド
- ユジチョル、「悪の枢軸」を全部捕らえる!


ユジチョルはどんな状況でも「家族」と「粘り」を固守するキャラクターだ。視聴者は、これらのジチョルの傾向に基づいて、家族の名誉を守るためにあらゆる脅迫にもかかわらず、これ以上の新薬摂取をしないままだけでなく、新薬を利用しようと悪人が自分に集まる状況を利用料してチャ・ジウ(キム・ジェギョン)と合同検挙作戦を繰り広げ新薬の関係者とギャンブラーを全部検挙する痛快なエンディング。


仮想エンディングNO.2ファンタジーエンド
- ユジチョル、錠剤の内在化に成功している?!


ユジチョルは数百人の人々の中で唯一怪力を発揮させる新薬「SF-3」の毒性の抗体がある特異体質である。 この状況を背景に、ジチョルがすでに摂取した新薬を筋肉に格納できるユニークな能力さえ発揮することになると仮定。そのため、筋肉自体に怪力を永遠に内在することが発生し、実際の「スーパーヒーロー」として再誕生し、社会に貢献して生きていくという、かなりユニークな結末。


仮想エンディングNO.3奇妙エンド
- これらすべてが事実ユジチョルの想像だった?


これまでユジチョルは二回の幻覚に苦しめられた。ヴィラから落ちそうになっている子供を助けたとき。また怪力に振り回された後鏡を見たとき鏡の中でもうひとりの自我が現れジチョルに向かって誘惑したりした。 このような奇妙なシーンを介して、実際には、すべてが11年前KO負けを喫した瞬間、すでに植物人間になってしまっているユジチョルの幻想であり、目覚めて家族との出会いが、またそれさえも幻想である可能性があるまま残されることになる妙に開かれた結末。


仮想エンディングNO.4サッドエンド
- ユジチョル、家族のために命を捨てる!


ユジチョルの家族の周りには、すでにチョン・チャンジュンとジュ・グクソンが陣を敷いて、家族を利用してジチョルを脅迫する計略を組んでいるところだ。 このような邪悪な者の頭脳戦が続く中、悪人がジチョルを脅迫しようと、家族を拉致し、それによってジチョルが試合を放棄した後、錠剤を使用して直接家族を救ってきて、死を迎えるれる詰ったエンディング。


仮想エンディングNO.5感動エンド
- ユジチョル、人類のために貢献できる!


ユジチョルが耐えることができる新薬「SF-3」は、神経系の疾患で生活を失った人々に助けを与えることができる良い意図で作られた薬剤である。視聴者は、ジチョルが新薬の使用を辞め、試合出場さえ拒否した後、さらに、これまで試合に薬の怪力を使用したすべての真実を明らかにしお金を失って借金持ちになにるが、同時に新薬を開発するために協力して戻ってお金を稼ぐ人類を生かすという感動的な予想シナリオ。


制作陣は、「後半吹き荒れるポイントが開始された後、様々な反転があった。その結果、多くの方が終わりに対して多彩な予測を出している。重要なのは、キャラクターがそれぞれの使命に合わせて最大決断を下すということ。多分ジーンし、多分感動する最後の話に多くの関心お願いする」と話した。




1118-3.jpg


1118-2.jpg


1118-7.jpg


1118-6.jpg


1118-5.jpg


1118-4.jpg







いつもたくさんのご訪問を頂きありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

4 Comments

hiroshiyumi  

うわ~😣

拝見いたしました😊
エンディング、、、迷ってるの?
こんなにいろいろ説があったら、何かしらこの中にヒントがありそう。
zoiさん同様、全く違う話を期待します!
今月で終わってしまうのも少し寂しさがありますね。

2018/11/18 (Sun) 14:21 | EDIT | REPLY |   
zoi

zoi  

hiroshiyumi さん♥ Re: うわ~😣

ゆみさん!!!

この時期 ご丁寧にこんな番宣ょあげられたら
自由発想の自由予測の楽しみが半減。
せめて コイウのは来週、あと4話というあたりで出していただはたかった。

けど
ゆみさんこの中に正解のエンディングあるとしたらどれがいい? (笑)


2018/11/18 (Sun) 16:05 | EDIT | REPLY |   

hiroshiyumi  

No title

実はドラマ観てて、全て夢だったら、、、って思った事があったのです。
めっちゃエンディングとしてはおもろくないんだけど(こんな事したら今までが何だったのーーーってなるけどね)
ジチョルを許してあげてーって(笑)
それはNO.3に近いかな?

zoiさんは「死んでしまうかも」って言ってましたね。(NO.4)

新薬会社は人殺しちゃったから捕まるかなって思うけど、捕まえるにはジチョルが犠牲になるのか、、、?
逆にヒーローなら배드파파じゃないじゃんって?
あれや、これや足して、引いて、、、

あれっ?答えになってる?(笑)





2018/11/18 (Sun) 17:23 | EDIT | REPLY |   
zoi

zoi  

hiroshiyumi さん♥ Re: No title

おはようございます。

> 実はドラマ観てて、全て夢だったら、、、って思った事があったのです。
> めっちゃエンディングとしてはおもろくないんだけど(こんな事したら今までが何だったのーーーってなるけどね)
> ジチョルを許してあげてーって(笑)
> それはNO.3に近いかな?


おお!! 私はそのパターンは思いつきませんでした。
が、
無きにしも非ず! ですね ^^


今朝いつものように放送当日の直前プレビュー記事があがりました。
カギは 私たちが予測したようにヨンデにもありそう。
ヨンデとジチョル奥さんがカフェでふたりで出会っているスチールカット。
ジチョル奥さんは、ジチョルを心配して
いつもそばによりそうヨンデがなにかを知っているのではないかと
ヨンデに会うもよう。


さささ、
ともあれ
今週来週でドラマは終結です
楽しみましょう~v-22

2018/11/19 (Mon) 08:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment