『都市警察』制作発表会  会見内容



City Police <Press conference >2019.01.14

.

チャン・ヒョク
도시경찰 제작발표회


『都市警察』制作発表会

2019年1月14日
ソウル麻浦区上岩スタンフォードホテル2階グランドボールルーム
●会見内容●


会見内容についての記事も上がってきています。


gr-001_20091103110215.gif
https://www.sedaily.com/NewsView/1VE1ALMNB3
 
  장혁 "체감하니 확실히 달랐다" 베테랑 무술가도 '힘들어'
   「都市の警察」チャン・ヒョク、体感したら確かに違っていた。ベテラン武術家でも辛い

2019-01-14 서울경제



ジークンドー10年、ボクシング10年、こんなに「警察」のイメージとぴったり合致する俳優が他にいるだろうか。
チャン・ヒョクが強大武術の実力を前面に出して龍山治安維持の先頭に立っている。



1VE1ALMNB3_1.jpg


14日午後、ソウル麻浦区上岩洞スタンフォードホテルでMBCエブリワンと『都市警察』の制作発表会が行われた。趙範局長と俳優チャン・ヒョク、ジョジェユン、キム・ミンジェ、イテファンが参加し、プログラムの話を交わした。

シン・ヒョンジュン、オ・デファンなどが出演して大きな話題を集めた「田舎警察」と「海の警察」に続きリリースする『都市警察』は、ソウル龍山警察署に任用され、様々な事件・事故の中心に入る。
武術では第二のであれば、悲しいチャン・ヒョクと悪役専門俳優ジョジェユン、警察プロの俳優キム・ミンジェ、純粋な末っ子イテファンの目で見て、様々な事件・事故や犯罪現場を公開する予定だ。

プログラムを紹介したチャン・ヒョクは「人」に焦点を置いた。彼は「撮影しながら好奇心と恐怖が多かった。 仕事をしながら、厳しい点もあったが楽しみながら暖かさを感じた時もあった。 苦労たくさんおられるんだな、業務が人数に比べて多いね部分を感じた」と説明した。

具体的には、
「犯人が捜査網から脱することは容易でないと感じた。その広い空間での半径を縮めながら、時間との戦いを介して(刑事が)、最終的に犯人を捕らえた」とし「犯人を逮捕した後、書類の仕事量を見て驚いた。互いに分担しても容易ではない部分をどのように解決すべきか考えてた」と付け加えた。

現実での経験は、チャン・ヒョクの演技感にも多くの影響を及ぼした。チャン・ヒョクは「俳優として後に刑事役をするならばセリフを覚えているのではなく、実際に経験をした後にやってみたいと思った」とし「(容疑者を)阻止するという雰囲気もそうで、胸から感じられる部分が多かった。警察組織の中にあるリアルな部分に合わせて熱心にしてみたい」と念を押した。


1VE1ALMNB3_2.jpg



実際の現場捜査の過程では予期せぬ状況も多かった。特に容疑者検挙後ミランダ原則を告知するようにというイ・デウチーム長の指示にチョ・ジェユンが慌ててしまいチャン・ヒョクが見事にやり遂げたという話が登場するとチャン・ヒョクは照れたりした。

チャン・ヒョクは「ミランダ原則告知をセリフにすると覚えた通り言うだろうが、実際犯人を置いていると容易でない。 体感する部分がかなり異なっていた」と状況を説明した。

実際経験的にも、体力的にも警察の仕事は少なくなかった。テイあれを合わせ経験までしていたチャン・ヒョクは「一度迎えてみたかった、当たればいけないよ。とても痛い」と冗談を言った。

続いて「知らない状況が続く中、適応をしなければならない。犯人を見つけて移動し、また移動する状況が繰り返された」とし「仁川へ行き、京畿道を行って潜伏している、体力的に大変だった」と話した。

この話を聞いチョ・ジェユンは「退勤時間、仁川から구리まで行かなければならない状況、犯人検挙後、江辺北路に沿って警察署まで行かなければならない状況、そこでは必ずチャン・ヒョクがステアリングホイールを握った」とし「これが一番面白いエピソードです」と言って笑いをかもし出すこともした。

一方、チャン・ヒョク、チョ・ジェユン、キム・ミンジェ、イ・テファンの「熱血警察」変身が期待を集めるMBCエブリワン『都市警察』は本日14日(月)午後8時30分に初放送される










gr-002_20091103110344.gif

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201901141117280310
 
  ‘도시경찰’ 장혁 “실제 경찰들, 인원수에 비해 업무량 많아”
  「都市警察」チャンヒョク "実際の警察、人数に対して仕事量が多く、

2019-01- 14 15:02 뉴스엔
201901141117280310_1-998-ブログサイズ


チャン・ヒョクが、実際の警察の業務量に驚いたと話した。

チャン・ヒョクは1月14日午後2時、ソウル麻浦区上岩洞スタンフォードホテルで開かれたMBCエブリワンの新しい芸能プログラム『都市警察』の制作発表会で、「ドラマの中で警察、刑事の役割をしたが、どのような違いがあるのか」という質問に対し、
「実際には刑事役は一度しか試みてない。イメージとしてが強いが、多くのことを知っると思っていた」と口を開いた。

続いて、 「実際には間違っていました。刑事や警察官がすることが一、二はひとつではなく、複数の種類があるからです。別のひとつは、確かに仕事量である。それは、ドラマでは表現されていないから...。人数に比べて仕事量があまりにも多く、事件終わった後、後の始末にかかる時間がはるかに多いのです。」と語った。

一方、『都市警察』は、大変な都市警察の生活の中で、自分たちの生活と哀歓を共にする姿を盛るリアルバラエティープログラムである。
14日午後8時30分初放送。












gr-003_20091103110624.gif
서울 마포구 상암동 스탠포드호텔코리아

まとめ記事

http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=15474485991428836019
 
 ‘도시경찰‘ MSG 없는 리얼 범죄현장 [종합]
 『都市警察』MSGのないリアル犯罪現場[総合]

2019. 01.14 15:49- [티브이데일리]


"MSGない警察の姿を見せたい」

14日午後、MBCエブリワン芸能プログラム「都市警察」の制作発表会が、ソウル麻浦区上岩洞スタンフォードホテルコリアで開かれた。この日現場には、俳優チャン・ヒョク、チョ・ジェユン、キム・ミンジェ、イ・テファン、ジョバム局長が参加し、プログラムの話を交わした。

「都市警察」はMBCエブリワン代表芸能プログラム「田舎警察」に続く警察プロジェクト芸能で、過酷な都市警察の生活の中で、自分たちの生活と哀歓を共にする姿を描いたリアルバラエティープログラムである。チャン・ヒョク、チョ・ジェユン、キム・ミンジェ、イ・テファンがソウル龍山警察署所属の警察官として生活し、実際のソウルの犯罪現場でカリスマを誇る予定だ。

制作を総括するジョバム局長は、「「都市警察」は、これまでの放送でやろうとしなかった新しいスピンオフタイプのシリーズ物。スピンオフとは異なる概念である。各プログラムが異なるタイトルで行われ、独自のプログラムに成長することを試みている」と説明した。

彼は「私たち国民と最も接している組織が警察公務員だと思った。単に仕事の現場を体験するのではなく、実務に飛び込んで働く俳優たちの姿を通して都市を振り返るきっかけを作りたかった」と制作意図を明らかにした。
また、「警察をテーマにしたドキュメンタリー映画のように撮って芸能のフォーマットで表示しようとする試みであるともいえる。ハイブリッドジャンルであるわけであり、試したことがないことだ。難しい撮影にも俳優たちがよく取り組んでいただいており、感謝する」と述べた。

彼らは龍山警察署の知能犯罪捜査チームに発令受け勤務を開始した。
最初の出勤中に潜伏勤務を経て、二日以上の期間中ずっと撮影に臨んだ。

「海の警察」に続き「都市警察」に出演することにしたチョ・ジェユンは「これだけは確かに申し上げたい。芸能が、ドキュメンタリーの特性を帯びている。笑わせようと何かを組んで、制作陣が心を合わせてシーンを作成することの状況ではない。捜査チーム長の指揮下出動し、犯人を検挙する姿が100%リアルだ。だから、もう少し震えや緊張があるだろう」と、プログラムへの期待を伝えた。

チョジェユンは、「実際の警察の業務に投入されるように、撮影前、複数の訓練を受けた。海の警察では、水の外にない出訓練を受けたが、今回は基礎体力トレーニングがとても大変だったよ。警察内部組織を事前に勉強して、犯人検挙コツは、テイあれ使い方など実戦訓練も受けたが、訓練前ウオーミングアップ時間が最も大変だった。自己管理に力を注ぐ多くの警察の苦労を感じた」と出演所感を伝えた。

チャン・ヒョクも警察の苦労を新たに実現されたと述べた。
「俳優として後で刑事役を引き受けたとき、漠然とセリフだけ覚えるのではなく、直接経験したことをもとに演技したいという気持ちで出演を決心した。 人の数に比べて業務が多すぎるという点、本当に信じられないほど苦労があるという点を撮影をして感じた」と述べた。

チャン・ヒョクは「撮影前の授業を受けるには受けたが、実際の現場では、体力的な訓練も重要だが、捜査をする方式、手がかりを探し範囲を狭めていく方式を勉強することがより重要であることに気づいた。 知能犯罪捜査チームという容易ではないことは、予想したことが死亡を絞り込むことが容易ではなかったよ。犯人を捕まえるために証拠をたくさん集めて、聞き込みをし捜査を絞り込んでいくことが、犯人を捕まえるにためにいかに重要かを悟った」と回想した。

キム・ミンジェは「撮影をして、100分の1程度体験したようだ。現場がどのようになるまでの全く予想していなかったし、予測していなかった警察という職業の労苦、哀歓をたくさん感じた」は所感を伝えた。「臆病なほうだ」と言われているが出演を後悔したことはない」とし、逞しい姿を見せることもした。

末っ子で合流したイ・テファンは「「都市警察」で、警察を体験することができて光栄だ。撮影中だけの警察であると考えて飾らない姿で MSGを添加しない実際警察の姿をよくお見せすることができるように熱心に努力する」とその覚悟を固めた。





















ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/

関連記事

0 Comments

Leave a comment