『都市警察』第4話のまとめ(キム・ミンジェ合流/虐待犬容疑者検挙/ボイスフィシング検挙作戦失敗)


EP.4 <URBAN COPS/CITY POLICE>


チャン・ヒョク
도시경찰 URBAN COPS


『都市警察』第4話 まとめ(総合記事)

●2019.02.04 Air

『都市警察』第4話 は
●キム・ミンジェ合流
●虐待犬容疑者検挙
●ボイスフィシング検挙作戦 失敗

ざっと、こんな内容でした~ ネ ^^




 
 ‘도시경찰‘
 『都市警察』虐待犬容疑者検挙(総合)

2019-02-02
201902042145311710_1.jpg


2月4日放送されたMBCエブリワン「都市警察」の4話では、虐待犬ホヤ事件の容疑者が逮捕された。

この日の放送では、キム・ミンジェが新しいメンバーに合流した。
ぎこちないオーラを隠せないキム・ミンジェの合流にチャン・ヒョク、チョ・ジェユン、イ・テファンは明るい笑顔で喜んだ。 いつの間にか龍山警察署知能犯チームに適応していたチャン・ヒョク、チョ・ジェユン、イ・テファンが先輩風を吹きだしてぎこちないキム・ミンジェの適応を助けた。


201902042145311710_2.jpg


イ・テウチーム長は、再び取り組む事件をブリーフィングし、虐待犬ホヤ事件の容疑者の特定に乗り出した。 彼らはCCTVに写った容疑者の容貌と近くに居住している住民の外観をひとつひとつ比較する手作業で容疑者を特定した。 イ・テファンは「映画やドラマでは、自然に拡大されて鮮明になっていくので比較する必要があるとは思わなかった」と驚いた。

チャン・ヒョク、チョ・ジェユン、イ・テファン、キム・ミンジェは鋭い目を誇示して容疑者を特定して出て行き、イ・テウチーム長と捜査官たちも、意見に同意した。

虐待犬ホヤ事件の容疑者の特定に続き、ボイスフィッシング事件の捜査に開始された。
回収本で動員された被疑者が***で情報提供者になった。 彼を通して被害者を探して、他の回収本まで検索した。

チャン・ヒョク、チョ・ジェユン、イ・テファン、キム・ミンジェが現場に出動し緊張したが、途中で、被害者がボイスフィッシングを知ったため彼らも撤退した。

続いて再び虐待犬ホヤ事件の容疑者を捕らえるための捜査が始まった。キム・ミンジェは、他の事件に投入され、チャン・ヒョク、チョ・ジェユン、イ・テファンがCCTVの中の容疑者の動線の中にある家を確認し、最初の容疑者の自宅から見つけた。

容疑者は、CCTVの中の写真を見せて「本人ですよね?」と聞くと「はい」と犯罪事実を認めた。 
しかし、予告編を介しては、容疑者が「酒を飲んでいて...」と、虐待の事実を覚えてないと話す姿が描かれて葛藤を予告した。






ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/

関連記事

0 Comments

Leave a comment