WESTWOOD 2019 夏グラビア(HP Update)


WESTWOOD 2019 SUMMER _Gravure


チャン・ヒョク
웨스트우드 2019 SPRING


ウエストウッド2019 サマーグラビア
(HP update, 2019.05.13)

SUMMER キャッチ



ほとんどショッピングサイト等で既出のものですが
ようやくHPにまとめてアップされました。
オフィシャル画像ですから綺麗なPics♪

http://westwoodmall.co.kr/board/free/list.html?board_no=5



SUMMER6.jpg


SUMMER8.jpg


SUMMER1.jpg


SUMMER4.jpg


SUMMER5.jpg


SUMMER3.jpg


SUMMER7-1000.jpg


SUMMER9.jpg


SUMMER10.jpg

関連記事

3 Comments

kyoko  

はじめまして

zoi さん、はじめまして。kyokoと申します。
今春頃よりブログの方、拝見させていただいています。とてもボリューミーな、愛を感じるブログですね。

3月末頃だったか、夕刻に晩御飯作りをしながらなんとなく点けていたBSで放送していた「輝くか、狂うか」でチャン・ヒョクさんに魅せられました。後で調べるとちょうど11話(BSの放送回数とは違いましたが)で、ケボンが女性だと分かった後で「なぜ女だと教えなかった?」とワン・ソとワン・ウクが静かに酒を酌み交わしながら対峙する場面でした。なんか間の取り方が自然だけどゾクゾクする演技といいますか。きっかけはそんな感じですが、今ではどっぷり、もはやチャン・ヒョク病と言っていいかという感じです😅🤣

私は普段から映画をよく見る方ですが、特に韓流が好きとかいうわけではなく、ただ何人か知り合いにチャン・ヒョクさんではないけどそれぞれ好きな韓流スターがいてたりして、それとなく聞いてみたりするなか、まったく忘れていたんですが、2002年の秋頃、映画祭の中で「火山高」を見た際、本編前だったか後だったか、たくさんのキャストが壇上に上がっていたのを思い出しました。たしかその中にチャン・ヒョクさんもいたと思います。主人公なのによく覚えておらず申し訳ないですが💧なぜかキム・スロさんは覚えていて「僕が出ている映画にハズレはありません」みたいなことを言われていたような。今はヒカリエに変わった東急文化会館でのことでした。その頃は韓国映画の勢いがとにかくあって私も何本か見ていました。

それから随分時を経て、こんな繊細で大胆な、演技に魅入る役者になってこうして魅せられているんだなと思うとちょっと感慨深いです。今はもっぱら、「運命のように君を愛してる」を見ています。はじめましてなのに長くなりましてすみません。

※インスタの方もフォローさせていただきました。

2019/05/14 (Tue) 17:46 | EDIT | REPLY |   
zoi

zoi  

To kyokoさん /Re: はじめまして

はじめまして!
私もkyokoと申します^^;

驚きです!
『火山高』の日本公開の来日舞台挨拶で
ヒョクに会ってらっしゃるだなんて。

>たしかその中にチャン・ヒョクさんもいたと思います。主人公なのによく覚えておらず申し訳ないですが💧
>なぜかキム・スロさんは覚えていて「僕が出ている映画にハズレはありません」みたいなことを言われていたような。



私がヒョクにドッボンしたのは2006年の6月
(ブログは2006年11月15日から書いています)
当時 ヒョクは兵役中だったこともあり ネット上にはナンの情報もなくて
(韓国ウェブサイトも同様でした)
ですから、昔の記事などを探して読むのが日課でした

火山高の舞台挨拶のことを書いているブログがありましてね ^^
「チャン・ヒョクという主役の俳優。ちっともオーラ無し」
と書いてらして(笑)

kyokoさんもそう感じられたのでは?(笑)


*****


> ※インスタの方もフォローさせていただきました。

ありがとうございます!v-222

2019/05/14 (Tue) 19:33 | EDIT | REPLY |   

kyoko  

No title

おー、zoiさんも同じ名前なんですね。
ブログの最初の頃の方も拝見しています。少しずつ一つひとつ、楽しみに見ています。

「火山高」は、その年の国際ファンタのオープニング作品だったしどんなものだろうかという好奇心から見たんですが、チャン・ヒョクさんに限らず、当時知っている俳優さん女優さんといえば「シュリ」で見たキム・スロさんくらいしか分からず💧
わりと派手な映画祭プロモーションが始まって、その後「火山高」キャスト達がぞろぞろーっと登壇して盛り上がっていました。後で調べると他にも今でも活躍している俳優・女優さんが出ているんですよね。映画自体も当時の若手パワーで引っ張っている感じを受けました。ちなみに一緒に見にいった友達は帰り「クォン・サンウええわあ」と言っておりました😅

今の円熟した感に至るに、その映画もチャン・ヒョクさんの軌跡の一つだと思います。金髪でちょっと斜にかまえた感じも🤣 全然知らなかったTJプロジェクトを探して見て多少「……」となってもいますが(笑)。

2019/05/14 (Tue) 23:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment