JTBC『私の国』今日の番宣記事(ティーザー第2弾 解説)


news, <My Country>

チャン・ヒョク
나의 나라


JTBC『私の国』今日の番宣記事 
  ~ティーザー第2弾~



今日9月9日の番宣記事です

この記事のタイトルにもあるように
わすが60秒の中にギッシリと詰まっていました~(笑)



記事元Source
https://entertain.naver.com/read?oid=609&aid=0000169519
 
‘나의 나라’ 2차 티저 공개, 60초면 충분하다
「私の国」2次ティーザー公開、60秒で十分である

  2019.09.11 13:10 뉴스엔

0911.jpg


「私の国」が次元が異なる重みを予告した。

来る10月4日に初放送されるJTBC新金土ドラマ「私の国」(脚本チェスンデ/演出キム・ジンウォン)側は9月11日目離せない吸引力を醸し出す2次ティーザー映像を公開した。

ヤンセジョン、ウドファン、キムソリョンをはじめ キム・ヨンチョル、アン・ネサン、チャン・ヨンナム、パク・イェジンとチャン・ヒョクの調和が期待感を引き上げる。


「私の国」は、高麗末、朝鮮初期を背景に、それぞれの信念が語る「私の国」をめぐってお互いに刃先を構え権力と守護に対する欲望を爆発的に描いた作品だ。
これまで度々扱われてきた激変の時代を密度の高いストーリーと躍動的な描写で描き、新たな時代劇を作り上げる。


この日公開された2次ティーザー映像は、激動する乱世の時代を激しく突き抜けていく彼らの関係を描いて注目される。

現実に苛立ち(もて余し かな?^^)、弓を折るソ・フィ(ヤンセジョン)。 
そして父ナム・ジョン(アン・ネサン)のトラウマに苦しむナム・ソンホ(ウドファン)は、世界と全身でぶつかることにする。
「運命を裏返してやると言ったな。 俺は一度やってみるつもりだ。 どこまで上がることができるか」というソ・フィと、「俺は死力を尽くす。たとえ相手がいくらお前だといっても」というナム・ソンホの誓いは、二人の交錯した運命を予告する。

心を許せることができる親友だったお互いに剣を向けなければならない必然宿命が好奇心を刺激する。
そんな二人と特別な"縁"で絡み合うハン・ヒジェ(キムソリョン)は、「絡んだら切りなさいい」と言う行首(チャン・ヨンナム)の前にも退くことなく、「行首はそうやって生きてきましたか?」と気丈に所信を露出する。

激変の時期、自分だけの信念を持って「私の国」を追いかけて、彼らは渦巻く現実と正面からぶつかって前に進む。

「新しい時代が来る」というナム・ジョンと、「新しい世界はあなたのものではない。私の父上のものだ」と断言するイバンウォン(チャン・ヒョク)の対立。

偶然であるように運命的に遭遇するハンヒジェとカン氏(パク・イェジン)の出会いも意味を持っている。

李成桂(キム・ヨンチョル)の前に立ち、 「これからすべての血は私の手で埋め込まれる」と決意に満ちた姿を見せていたナム・ソンホが熱く燃え上がる炎の真ん中に線の姿は強烈に目をひきつける。


そして、「すべてはお前のために始まった」は李成桂の声は爆発的な力で揺動ながら、これらの交錯した運命に疑問を加える。

愛する人々を守るためなら死も恐れない武士ソフィ、階級を乗り越え強い力を夢見る武官ナム・ソンホ、不義と妥協しない堂々とした女丈夫ハン・ヒジェ、新しい国を切り開くイ・ソンゲ、新しい国で頂点に立つことを夢見るナムジョン、鋭く時代を洞察する冷徹な行首、将軍に劣らない気概で人一倍の野心を見せるカン氏、そして生き残るため冷酷で寂しい戦いを繰り広げるイ・バンウォンまで。それぞれ自分だけの「私の国」を夢見る人々の激動がどのように展開されるのかに、早くから期待が集まっている。

。何よりも圧倒的な画面掌握力を披露した「レジェンド組合」の演技は60秒の短い映像だけでも品格が他の時代劇の誕生を期待させる。10月4日午後10時50分初放送。



JTBC「私の国」の2次ティーザー映像をキャプチャ)






ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

0 Comments

Leave a comment