JTBC『私の国』初スチールカット (ユ・オソン/ソゴム将軍) &人物解説番宣記事


First Still cut "Yu Oh Seong" My Country


チャン・ヒョク
나의 나라 "My Country: The New Age"  


『私の国』
 ユ・オソンの初スチールカット
 &人物解説 (番宣記事) 


●ユ・オソン (ムゴム将軍役)
  ____________ソフィとソヨンの父親


早くから ソフィの父親役として名前が挙がっていたユオソン
ティーザーにも登場しないし、、、、
どうしたのかな? と不思議に思っていたのですが
<特別出演>となっています。出演の分量は少ないようです。

物語の序章を飾る重要な人物、と言ったところでしょうか ^^
ドラマの前半だけというより 回が重なった頃に回想シーンでも登場しそうですね



FB1_20190930173933375.jpg



FB2_20190930173934e37.jpg



FB3_20190930173936615.jpg



https://entertain.naver.com/read?oid=437&aid=0000220758

  '나의 나라' 유오성, 양세종 아버지로 특별출연…격동 서막 연다
 『私の国』ユ・オソン、ヤンセジョン父として特別出演... 激動序幕開く
 

  2019. 09.30 09:53 JTBC news

私の国


「私の国」ユ・オソンが特別出演で悲壮な物語の幕を開く。

来る10月4日に初放送されるJTBC新金土ドラマ「私の国」(演出キム・ジンウォン、脚本チェスンデ、製作セルトリオンエンターテイメント、私の国の文化専門有限会社)側は30日、ソフィ(ヤンセジョン)の父親ソゴムとして特別出演するユ・オソンのスチールカットを公開した。
順調ではないストーリーを暗示する彼の姿は、「私の国」の開始点に疑問が高まる。

『私の国』」は、高麗末、朝鮮初期を背景に、それぞれの信念に従った“私の国”を巡りお互いにお互いに剣を構え刃先を向け、権力と守護の欲望を爆発的に描いた作品だ。これまで何度も取り上げられてきた激変の時代を密度の高いストーリーとダイナミックな描写で次元が異なる時代劇のドアを開ける。


本日公開された写真の中の、"高麗一番剣"ソゴムが吹き出す 領域を犯すことのできないほどのカリスマと劇的に入れ替わっ彼の運命が気がかりさを増幅する。 近づくことのできないオーラを持っていたが、家族にとっては限りなく優しいソゴム。 しかし、国さえ混乱激変の時期、彼の運命もひっくり返された。 
別のシーンの写真では、罪人として処刑にいた。様々な苦難を経験した乱れた姿だが、目つきだけはまだ強靭で鋭い。 高麗最高の将帥だったソゴムが一瞬にして奈落の底に落ちた理由は何だろう。 これにより、開始するソフィの屈曲した人生も気がかりさをかもし出す。

ユ・オソンが演じるのは李成桂(キム・ヨンチョル)の指揮下で北方を指揮した高麗の将軍だ。 非に妥協しないまっすぐな性格の彼が罪人として墜落し、息子のソフィと娘ソヨン(チョ・イヒョン)は、逃れることができないしがらみに閉じ込められる。
ソフィが生きていく容易でない人生は、ソゴムから始まっただけに特別出演するユ・オソンの強烈な存在感が壮大な叙事詩にずっしりとした熱を加える。

私の国の制作陣は、
「ソゴムは、時代的雰囲気から人物の複雑な葛藤まで、あと描かれる激動の話に下図を描いてくれる重要な人物である。ユ・オソンの特別出演で物語りの重みと落ち着きが一層アップグレードされるだろう」と説明した。

一方、JTBCの新金土ドラマ「私の国」は「ただ愛する間」、「本当に良い時代」、「優しい男」など、繊細で洗練された演出で好評キム・ジンウォン監督がメガホンを務め、感覚的な映像美を披露する。「マスター-麺の神」など、ダイナミックで大型ストーリーを密度深く描き出すチェスンデ作家が執筆を引き受けて完成度を高める。
「私の国」は来る10月4日(金)夜10時50分JTBCで初放送される。

(写真提供:セルトリオンエンターテイメント、私の国の文化の専門有限会社)







ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

0 Comments

Leave a comment