『私の国』New HD-Stillcut,今夜初登場!チャン・ヒョク、インタビュー[記事]


New stillcut☆ Lee Bang Won, My Country


チャン・ヒョク
 나의 나라 "My Country: The New Age"


JTBC 『私の国』
●イ・バンウォン Newスチールカット
●今夜初登場!チャン・ヒョク、インタビュー[記事]
  



今夜 本格的に初登場!

インタビューも結構載せてくれている記事です。
(※番宣記事)

Source
https://entertain.naver.com/read?oid=468&aid=0000574989

  '나의 나라' 장혁, 이방원役으로 본격 등장...김영철과 대립 '긴장감↑'
 『私の国』チャン・ヒョク、イバンウォン役で本格登場...キム・ヨンチョルと対立「緊張↑」 

  2019. 10.11 09:00 [스포츠서울 이게은記者]

1011 エン


「私の国」にチャン・ヒョクが本格登場しストーリーに力を加える。

11日JTBC金土ドラマ「私の国」側は、イバンウォン(チャン・ヒョク)と李成桂(キム・ヨンチョル)の火花が散る出会いのスチールを公開した。
朝鮮胎動の中心にいるイバンウォンの本格的な登場が注目を集める。

イ・バンウォンがクーデターを起こす「第一次王子の乱」で幕を開ける本作は、第1話からイ・バンウォンの私兵であるソフィ(俳優ヤン・セジョン)と、イ・ソンゲ(のちに朝鮮王朝1代王・太祖)の私兵ナム・ソンホ(俳優ウ・ドファン)が対峙する様子を描き、壮大な物語の始まりを知らせた。

第3話からは歴史上の実在人物であるイ・バンウォンや、イ・ソンゲ、神徳王后・康(カン)氏などが登場するため、視聴者の期待が集まっている。



チャン・ヒョクが演じるイ・バンウォンは、狐の頭と虎の心を持つ人物。

朝鮮王朝の基盤を作った戦略家として朝鮮王朝の開国のため尽くしたが、父親のイ・ソンゲにその功労を認められずに冷酷な戦いを続けていき、イ・ソンゲはもちろん、自分の息子を王子の座に座らせようとする神徳王后とも対立しながら葛藤と対立の中心に立つ。

チャン・ヒョクは、
「野心、欲望よりは捨てられた者たちの国を作りたいという改革君主の感じを出そうとした。 自分が認める人間は最後まで信頼して理解しようとする人物であり、内面にしっかりした信念を持っているが、表向きでは成り行きに任せる人物として解釈した。 キャラクターの理解と共感を高めることに重きを置いている」と説明した。

また、
「私兵たちが主君であるイ・バンウォンに出会って生まれる感情、主君と部下を超えて人と人として交わす感情に注目してほしい。私兵たちを "自分の人"にするまでの過程で、様々な話が繰り広げられる。 私はイ・バンウォンの戦略的な部分より深みのある人間味を表現しようとした」  と加えた。



もともと時代劇とアクション演技に長けているチャン・ヒョクが、イ・バンウォンをどう表現するかに熱い視線を注がれている。

「私の国」は初放送から強烈に攪拌した。
第一次王子の乱で火ぶたを切った「私の国」は、イバンウォンの"剣"ソフィ(ヤンセジョン)と李成桂の"剣"ナムソンホ(ウドファン)の対立で壮大なストーリーの開始を発表した。

何よりも、激しい戦場で目を覚ましたソフィのエンディング(2話)は、今後の展開に関心を増幅させた。 李成桂をはじめイバンウォンとカン氏(パク・イェジン)が、本格的な登場を予告しながら壮大な力を加えている。

イバンウォン、李成桂、神徳王后カン氏という歴史的巨人をチャン・ヒョク、キム・ヨンチョル、パク・イェジンが演じるという点は、それ自体として期待を集める部分。
そんな中、 公開された写真の中、李成桂とイバンウォンの出会いは、一気に緊張感を垂直上昇させる。

空の玉座に刀を差した李成桂の前に息子イバンウォンが立っている。 イバンウォンを見つめる李成桂の目つきは汎ように鋭い。 イバンウォンも一寸も退ぞかない。 父と息子の対面というには二人の間に流れる冷え冷えとした緊張感が、見る人も息を殺す。

特に、イバンウォンの登場がソフィ、ナムソンホ、ハンヒジェにどのような影響を与えるかも気がかりさを刺激する。

チャン・ヒョクが演じるイ・バンウォンは、狐の頭と虎の心を持つ人物。
朝鮮王朝の基盤を作った戦略家として朝鮮王朝の開国のため尽くしたが、父親のイ・ソンゲにその功労を認められずに冷酷な戦いを続けていき、イ・ソンゲはもちろん、自分の息子を王子の座に座らせようとする神徳王后とも対立しながら葛藤と対立の中心に立つ。



イバンウォンの剣になるソフィとの関係を含めてイ・ソンゲ、神徳王后との強烈な対立も見逃せないポイントだ。

チャン・ヒョクは、
「ヤンセジョンは姿勢が良い俳優だ。 自分の能力を十分に表現しながら、多様な意見にすぐ耳を傾ける。 聞く耳を持っている俳優"」と賞賛した。
また、
「キム・ヨンチョル先輩が中心をしっかりキャッチしていただき、その中で自分の役割を忠実にこなしている」と伝えた。

対立するパク・イェジンとの相乗効果については、
「敵というより排斥地点にあるキャラクターとして近付いている。多くの話を通じて意見を合わせながら楽しく撮影している」と話した。


JTBCグムトドラマ「私の国」の3回は、今日(11日)午後10時50分に放送される。








20191011_1FB.jpg
https://blog-imgs-131.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/20191011_1FB.jpg


20191011_1FB3.jpg
https://blog-imgs-131.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/20191011_1FB3.jpg


20191011_1FB2.jpg
https://blog-imgs-131.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/20191011_1FB2.jpg


20191011_1FB4.jpg
https://blog-imgs-131.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/20191011_1FB4.jpg






 『来日お迎え企画~ (バッドパパ東京・福岡イベント) 』申込み受付中
ご参加、お待ちしています。

     
チャン・ヒョク応援団 DANDY BOY

        

DandyBoy





ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/

関連記事

0 Comments

Leave a comment