『私の国』HP・Still, 明日9話2幕が開かれる(記事)


New stillcut☆ on Official site_"Photo gallery"My Country


チャン・ヒョク
 나의 나라 "My Country: The New Age"


『私の国』
スチールカット<HPフォトギャラリー>

http://tv.jtbc.joins.com/mycountry
10月31日公開
『私の国』予測できない混乱の頂点から2幕が開かれる



明日の9話からいよいよ折り返しです。

『私の国』、 
残すところあと半分。


http://www.anewsa.com/detail.php?number=2007393&thread=07r05

  '나의 나라' 예측할 수 없는 혼란의 정점에서 2막 열린다!
 『私の国』予測できない混乱の頂点から2幕が開かれる!

  2019. 10.31 11:27 [아시아뉴스통신、위수정記者]

20191031-a.jpg


「私の国」がさらに激火して、強烈な2幕を開ける。JTBCグムトドラマ「私の国」(演出キム・ジンウォン、脚本チェスンデ・ユン・ヒジョン、製作セルトリオンエンターテイメント・私の国文化専門有限会社)が、明日(1日)に放送される9回を起点に2幕を迎える。

線の太い事件の中にどっしりとした感情を加えて緻密な展開を続けてきた「私の国」は、予測できない混乱の頂点から新しい局面を迎えた。 
ナムジョン(アン・ネサン)の命を受けたソフィ(ヤンセジョン)がイバンウォン(チャン・ヒョク)に弓を射る反転エンディングは衝撃と気がかりなことを増幅させた。 権力への野心は、正面から衝突し、隠された秘密が見え始めて崖っぷちの死闘が予告された。

二幕で見逃してはならない観戦ポイントを探ってみた。


■強烈なインパクト残したプロローグ"王子の乱"は、壮大な結末に向かって

「私の国」は、開始から強烈な印象を残した。「王子の乱」が始まった夜に、ソフィとナムソンホ(ウドファン)は、それぞれイバンウォンと李成桂(キム・ヨンチョル)の剣として退くことができない場所で直面した。
お互いに剣を向けなければならなかった親友、彼らの事情は気がかりなことをかもし出した。

「私の国」の2膜は、壮大な叙事詩の開始を知らせた「王子の乱」に向かって拍車をかける。 プロローグに全面に配置した「王子の乱」は、ソフィとナムソンホをはじめイバンウォン、李成桂、ナムジョンの運命まで決める重大な事件だ。 すでに李成桂は第八子であるイ・バンソクの世子冊封を決定し、イバンウォンとナムジョンは権力を挟んで激しく対立している。 
「私の国」が、これまで威化島回軍、朝鮮建国などの歴史的変曲点に想像力を加えた密度の高いストーリーに予測不可能の展開を描いたように、第2幕でベールを脱ぐ1次王子の乱がどのように完成されるか、好奇心を高める。後半の中核となるこの事件は、見逃してはならない最高の観戦ポイント。行き止れば死線、ソフィとナムソンホ、破ることができない信念で自分だけの「国」を立てようとイバンウォンとナムジョンは、任意の運命を迎えるだろうか。すでに期待心理を刺激する。


■先に殺さなければ死ぬ!
刃先を向け合う者達、生き残るこれは誰だ?

「私の国」は激変の時期を描く。非情な権力は決して一緒に生存する道を開いたままにしない。 生き残るために、まず刀を抜かなければならない。避けられない血の戦争はすでに始まった。 

バンソクを世子に冊封した李成桂、神徳王后(パク・イェジン)は、イバンウォンを除去しなければならない。 そんな情勢の中で生き残るためにイバンウォンは兵を通して権力を再び手に握ろうととする。
庚申年密書珍本がイバンウォンにあると思ったナムジョンがイバンウォンを殺さなければならない理由は十分だった。 
李成桂を謀殺しようとしていた過去を生き延び、自分が夢見る「臣下の国」を立てるためだ。
権力の渦の中ででソフィは間者である正体がばれ、イバンウォンに弓を撃った。滅門を防ぐためにグォルダムを越して李成桂と対面したナム・ソンホ。
滅門を防ぐために궐담を乗り越え李成桂と対面したナムソンホ、世界の秘密が込められた梨花櫻の密室の鍵を得たハン・ヒジェ(キムソリョン)の運命の前にも、いつも剣が潜んでいる。
既に崖っぷちに立っている人物の生き残るための血闘の中に予期せぬ犠牲と危機が続き、目が離せない展開が繰り広げられる見通しだ。



■名場面を誕生させた俳優たちのズバ抜けた熱演、さらに深まる!

強烈なアクションから切ない感情演技まで「私の国」に没入を導いた俳優たちの力はより確実になった対立と深くなった葛藤の中で光を放つ。

ヤンセジョンは妹ソヨン(チョ・イヒョン)を救うために命まで掲げたソフィの切迫しすさまじい感情を深い演技で描いていく。 
切り離せない父親の愛憎と野心の中に生き残り血闘を行うナムソンホの愛妻ながらも鋭い姿はウドファンならではの立体的な演技で説得力を得る。
安定した講壇のある演技で好評を受けたキムソリョンは梨花櫻を手にし変貌するハンフイジェを一層成長した演技を見せてくれる。
熱い火の玉を胸に抱いて権力の中心に向かうイバンウォンの野獣性を爆発させるチャン・ヒョクと、劇が進むほど残酷になるナムジョンの破壊力をカリスマに描き出すアンネサンの対決は、視聴者をときめかせるほどだ。 劇を揺るがす存在感を持ったキム・ヨンチョルとヒロインの気概でエレガントなカリスマを見せるパク・イェジンの戦いも期待を集める。

「私の国」の2幕を開ける第9話は、明日(11月1日)夜10時50分JTBCで放送される。









『私の国』
<HPフォトギャラリー>10月31日公開スチールカット
予測できない混乱の頂点から2幕が開かれる


20191031_094954_5306.jpg


20191031_094959_8906.jpg


20191031_095004_8275.jpg


20191031_095026_3016.jpg


20191031_095009_8864.jpg


20191031_095021_0211.jpg


20191031_095032_5698.jpg


20191031_095037_6572.jpg








ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

0 Comments

Leave a comment