『私の国』終放Round Interview●OSEN①イバンウォン役で人生キャラクター更新?


Jang Hyuk Interview:My Countryry

チャン・ヒョク
나의 나라 "My Country: The New Age" 


『私の国』終放了ラウンドインタビュー
2019.11.26 江南区論峴洞のカフェにて

●OSEN①
チャン・ヒョク "イバンウォン役で人生キャラクター更新?好評に感謝



http://osen.mt.co.kr/article/G1111268266

   장혁 "이방원 역으로 인생캐 경신? 호평 감사할 따름" [인터뷰①]
チャン・ヒョク "イバンウォン逆に人生キャッシュ更新?好評感謝[インタビュー①]

  2019. 11.28 08:41 [OSEN=심언경記者]



俳優チャン・ヒョクが「私の国」イバンウォン役で人生のキャラクターを更新した所感を明らかにした。

チャン・ヒョクは26日、ソウル江南区論峴洞のカフェでJTBC金土ドラマ「私の国」放映終了記念ラウンドインタビューを進行した。

「私の国」は、高麗末、朝鮮初期を背景に、それぞれの「私の国」を守るために、お互いに刃先をねらう人物たちの物語を描いたアクション時代劇である。

「私の国」の撮影は、約9ヶ月間行われた。
通常のドラマに比べるとかなり長い撮影期間であるが、制作費のスケールの大きさを考えると自然にうなずける。 よって、長い時間を作品の中で生きていたチャン・ヒョクは格別な放映終了所感を伝えた。

201911272108771871_5dde68c5f0233.jpg


「9ヶ月ほど撮影しました。長い期間 俳優、監督、スタッフの方々、皆が本当に多く表現しようと努力しました。他の現場に比べて会話が多かったです。各自の感情はどうか、お互いの感情をどのように調整してどのように解放しようかと。それが終わってしまうと寂しい感じもあります。」

劇中チャン・ヒョクは後日太宗となる皇子イバンウォンに扮した。
イバンウォンは父イソンゲの朝鮮建国を助けたが、利用だけされて捨てられ危機に立たさ人物。これに対しイバンウォンは王子の乱を起こして「捨てられた者たちのための国」を建てたいと言った。

チャン・ヒョクのイバンウォン演技は初めてではない。チャン・ヒョクは映画「純粋の時代」(2015)でイバンウォン役を務めている。イバンウォンが実存した人物であるだけに、基本的なストーリーは大きく変わらない。それでもイバンウォン役に再挑戦した理由は、濃く残っていた物足りなさからだった。

「イバンウォン役は「純粋の時代」でも一度やりました。その時、物足りなさが残っていて、いつかまた一度イバンウォンをしなければと思っていた。そうするうちに「私の国」に出演することになって。 私の撮影の前に監督に話してお願いを***ERRをすでに歴史に記載されているイバンウォンの野心家の面目を枠ずことなく、彼の裏面を感性的に表現したいんですと。幸いなことに、監督がそのような面で行われた方がしられてくれました。だから、私なりには、クールな部分があります。」

「純粋の時代」の中イバンウォンと「私の国」の中イバンウォンは違った。歴史書に書かれた人物のストーリーは実在の人物だから同じことしかありませんが、彼の感情線を描き出す方法で明確な差があった。」

「父との対蹠点に立っていたイバンウォンは、最終的に"血の君主"しかないでしょう。なぜイバンウォンがそうなるしかなかったかを歴史から抜粋した事実のみで解決しようとしなかった。 裏面に何かないだろうかと。父と対立中は理性的かつ合理的な感じで王子の乱を起こしたのではないようでした。裏面には、元はそうではないことがあったイバンウォンの状況を重ねつつ、それだけでは無かったのではないか、こんな風に主眼を置きました。」

1574892258_1510295.jpg



チャン・ヒョクはイバンウォンの***「場合」を引き出しするために、「消去」を選んだ。
チャン・ヒョクは
「歴史的によく知られている人物を表現するためには、消去することから考えなければならない。医師の役割をする医師のように見えるように努力するが、もう少し表現するためにはキャラクターを使い切ると不便になる」と述べた。

そして、チャン・ヒョクは自分が考えたイバンウォンの感情を信じて演技に臨んだ。

チャン・ヒョクは、「イバンウォンの実際の成果は、実録に記録された行動などはデータとして残っているが、その状況にイバンウォンがどんな気持ちだったのかはファンタジーだ。実録は勝者が記録歴史でもあり、非常に多くの外史もある。実際に見たのではないため、この状況では、どのように感じて選択したのかは、俳優が作品の中で取る感情的に表現するのが最善だと思う。だから、状況の中で、私は私が感じたいくつかの感情に集中した」と説明した。

このような努力のおかげだろう。チャン・ヒョクは「私の国」を通じて人生のキャラクターを更新したという評価を受けている。

チャン・ヒョクは、「個人的にはとても感謝している。「「私の国」はイバンウォンが起こした王子の乱の話を扱ったが、明らかに新たに脚色した部分もある。すでにあまりにも多くの人が知っている話なので、まったく同じに進んで行くと共感の形成が容易ではないようだった。だから、国民がすでに知っているキャラクターに他の側面を示して、新しいストーリーを築くことで、説得力のあると考えた」と自評した。

(インタビュー②に続く)










【2019 Happy Birthday企画】

12月2日24:00 参加お申込みを締め切ります
ご参加、お待ちしています。

チャン・ヒョク応援団 DANDY BOY

        

DandyBoy




ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

0 Comments

Leave a comment