『私の国』終放Round Interview●OSEN②キムヨンチョルと2度目の父子共演、演技する時楽だった


Jang Hyuk Interview:My Countryry

チャン・ヒョク
나의 나라 "My Country: The New Age" 


『私の国』終放了ラウンドインタビュー
2019.11.26 江南区論峴洞のカフェにて

OSEN②
キム・ヨンチョルと2度目の父子共演、演技する時楽だった






https://entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0004126940

 장혁 "김영철 두 번째 부자 호흡, 연기할 때 수월했다" [인터뷰②]
 チャン・ヒョク, キム・ヨンチョル2度目の父子呼吸、演技する時楽だった [インタビュー②]

  2019. 11.28 08:47 [OSEN=심언경記者]

201911272109778400_5dde68c81d9f2.jpg



「私の国」チャン・ヒョクがキム・ヨンチョルと合わせた豊かな呼吸について述べた。

チャン・ヒョクは26日、ソウル江南区論峴洞のカフェでJTBC金土ドラマ「私の国」放映終了記念ラウンドインタビューを進行した。

「私の国」は、高麗末、朝鮮秒を背景に、それぞれの「私の国」を守るために、お互いに刃先をねらう人物たちの物語を描いたアクション時代劇である。

劇中チャン・ヒョクは太宗イバンウォン役を引き受けた。イバンウォンは父成桂の朝鮮建国を前方に立ったて助けたが、建国の功臣錄に名前も上げてもらえなかった。結局イバンウォンは自分の手で李成桂を追い出し、自分で王座に上がる。

イバンウォンの父である太祖・李成桂はキム・ヨンチョルが演じた。この時、注目すべき点は、キム・ヨンチョルがすでに「大王世宗」(2008年)、「チャン・ヨンシル」(2016)で、太宗役を二回消化した履歴があるということだ。キム・ヨンチョルがチャン・ヒョクにアドバイスをしたであろうと考えてもいい状況である。

しかし、チャン・ヒョクの答えは意外だった。
チャン・ヒョクは、「その部分につきましては、お互いに全く話をしなかった。キム・ヨンチョル先生が "太宗の役を引き受けたことがある"程度の言及のみあった。先生の演技に影響を受けるしかないのだからそうだったようだ。 撮影現場でもそう会話は多くはなかった」と述べた。

また、キム・ヨンチョルとチャン・ヒョクの出会いが特別な理由は、彼らの豊かな呼吸が初めてではなかったからである。
これと関連し、チャン・ヒョクは「事実先生と父子として会ったのは今回が2度目だ。 "アイリス2" に出演した時も、父と息子としてだった。ところが、その後も、このような関係だった」と微笑んだ。

劇中キム・ヨンチョルとチャン・ヒョクのきっ抗対立が醸し出す劇的緊張感は「私の国」がウェルメイド時代劇に位置づけすることに貢献した。 彼らの送受信合は見る人にとって戦慄を起こすほど緻密だった。

チャン・ヒョクは、「キム・ヨンチョル先生が感情をあまりにも与えられた。だから、私はそれに合わせて、また口外する機会ができた。先生のおかげで、簡単に演技することができた」と述べた。


201911272109778400_5dde68c872e84.jpg




チャン・ヒョクは「私の国」を通じてヤンセジョン、ウドファンなど複数の後輩俳優たちとも呼吸を合わせた。 いつのまにか現場から見上げられる先輩の位置に立つチャン・ヒョクは隔世の感を示した。

「ある瞬間から現場に行けばぎこちないし、寂しいかった。テリョン役を演じたキム・ジェヨンさんや3歳下なのに、その友達とも話をたくさんしました。同じ年頃のその友人だけだった見て、その友達とのシーンも楽でした。もう少し幼い友人らとすれば何か話してくれるそうな感じがあります。私そんな年齢でもないのに、サッカーでいう主将のような者にされたと言おうか。ハハハ。 "


(インタビュー③に続く)











【2019 Happy Birthday企画】

12月2日24:00 参加お申込みを締め切ります
ご参加、お待ちしています。

チャン・ヒョク応援団 DANDY BOY

        

DandyBoy




ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

1 Comments

まち  

ありがとうございます

謙虚に、しかし、しっかり自分の言葉で語る姿。
努力の人と以前書いていらっしゃいましたね、その通り!と実感しています。
続きを楽しみに待っています。

2019/11/29 (Fri) 11:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment