『私の国』終放Round Interview●OSEN③テギルのイメージは常に消してきた


Jang Hyuk Interview:My Countryry

チャン・ヒョク
나의 나라 "My Country: The New Age" 


『私の国』終放了ラウンドインタビュー
2019.11.26 江南区論峴洞のカフェにて

OSEN③
テギルのイメージは常に消してきた


https://entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0004126952

   장혁 "'추노' 대길 이미지? 항상 지웠다고 생각한다" [인터뷰③]
 チャン・ヒョク「推奴、テギルイメージ?常に消したと思う」[インタビュー③]

  2019. 11.28 09:12 [OSEN=심언경記者]

5ddf2a411f0000201edefbaf.jpeg



俳優チャン・ヒョクが「チュノ」で得た人生キャラクター「テギル」を消そうと努力した。

チャン・ヒョクは26日、ソウル江南区論峴洞のカフェでJTBC金土ドラマ「私の国」放映終了記念ラウンドインタビューを進行した。

1997年ドラマ「モデル」でデビューしたチャン・ヒョクは22年間休むことなく「ストリング」してきた。特にチャン・ヒョクはドラマ「待望」(2002)「チュノ」(2010)「根深い木」(2011)「輝いたり与えたり」(2015)「商売の神-客主2015」(2015)、映画「純粋の時代「(2015)」剣客」(2017)など、多数の時代劇で頭角を現わした。そして今年「私の国」を通じて「史劇職人」の頂点を取った。

チャン・ヒョクは、年代が似たような俳優の中でも史劇を多くしているほうだ。しかし、彼もまだ行ったことのない時代があったし、演じたことのない役割があった。

チャン・ヒョクは、「私は朝鮮時代の人物にしかならないようだ。他の時代をやったことがない。しかし、朝鮮時代が面白い。王になる前までを試みた。だから、王は一度はやってみたい」と述べた。

チャン・ヒョクは時代劇への深い愛情を持っていた。 チャン・ヒョクは「時代劇も現代劇もそれなりの楽しみがある。しかし、時代劇がよりアップダウンを多くを与えることができるようだ。史劇の中の時代は極端で、いろいろ制約も多い。そんな社会的雰囲気の中で表現するセリフは確かに密度がある。時代劇だけの悲壮感がある。個人的に時代劇がとても好きだ」と伝えた。



A-28_600295_67996.jpg


また、チャン・ヒョクは史劇の印象を決める要素として演技のトーンを挙げた。

チャン・ヒョクは、「「大河ドラマか、フュージョン史劇か」は、どうやらどのように表現するかによってかかっているようだ。客主に出演するときは、俳優のほとんどが40代半ばから50代であった。だから、みんなトーンが大河ドラマのト-ンであった。また、大河ドラマをたくさんされた方のみの演技的なコードがあります。 現場では大人に会うようなトーンで行くようだった。」 
「また、後輩たちに会う時は、他のトーンで行こうとする。「私の国」は、王家と民衆のトーンの違いがあった。そのため「私の国」には、フュージョンと正統性の部分は、***のように混じっていなかったかと思う」と説明した。

特にチャン・ヒョクは、推奴のイデギル役で多くの愛を受けた。 なんと9年前のドラマが、まだ視聴者は彼から「チュノ」を思い浮かべるほどだ。それほど強烈な演技をしたという意味だ。しかし、一人の人物のイメージが強いことにはデメリットも存在する。 まさに他の作品の没入を妨害することになるからである。俳優本人もこれに対する負担感があるそうだ。

「テギルを常に消したと思います。私は消したのですが、他の人ができなかったのだと思います。ハハハ...。 しかし、私はテギルを演技していなくても、大衆がどのように見てくれるのかが重要です。私は大吉がを消去しようとしたし、また消去しなければならないと思います。といっても寂しいことではありません。そのように見てくださる方々にとっては、私はイ・テギルなんです。」


(インタビュー④に続く)





流石にトップをずっと走り続けた俳優ですね
一般の人々が自分をどう見ているのかもちゃんと知っている

「テギル。 私は消したのですが、他の人ができなかったのだと思います。ハハハ...。 
しかし、私はテギルを演技していなくても、大衆がどのように見てくれるのかが重要です。私はテギルを消去しようとしたし、また消去しなければならないと思ってきました。 
といっても寂しいことではありません。そのように見てくださる方々にとっては、私はイ・テギルなんです。」



ヒョクのコレを引用するならば
私は ドキドキしながら初めてリアルタイム視聴をした『ありがとうございます』がそれかも。
問題のあった兵役、その除隊後すぐの復帰作。

今だに ありがとうございますに触れると、胸が締め付けられそうな基分になったり、良くあろう、優しくあろう、正しくあろう、そして強く在ろう、と自分につぶやいたりと。

私はいつもチャン・ヒョクの演技を、チャン・ヒョクの発言を、客観的に見ようとしてきましたけど、でも、私にとってチャン・ヒョクはいまだにミンギソであるのかも。
なんて、このインタビューを読んでふと思いました。...とさ







【2019 Happy Birthday企画】

12月2日24:00 参加お申込みを締め切ります
ご参加、お待ちしています。

チャン・ヒョク応援団 DANDY BOY

        

DandyBoy




ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

0 Comments

Leave a comment