『私の国』終放Round Interview●OSEN⑤ インタビューまとめ


Jang Hyuk Interview:My Countryry

チャン・ヒョク
나의 나라 "My Country: The New Age" 


『私の国』終放了ラウンドインタビュー
2019.11.26 江南区論峴洞のカフェにて

OSEN⑤ [インタビューまとめ]
物足りなさぬぐい去った「私の国」チャン・ヒョク、
「推奴」残像消して、新イバンウォンの存在感




OSENは、インタビューを5本に分けて記事にしてくれました。
これがOSEN記事の最後です。
インタビューのまとめ、としてあります。




https://entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0004127174

   "아쉬움 털었다"..'나의 나라' 장혁, '추노' 지운 新 이방원의 존재감 [인터뷰- 종합]
 物足りなさぬぐい去った「私の国」チャン・ヒョク、
「推奴」残像消し、新イバンウォンの存在感
[インタビュー⑤まとめ]

  2019. 11.28 15:22 [OSEN=심언경記者]

201911281046778782_5ddf3366bdb60.jpg


「人生キャラクターを更新したという評価に感謝ですね。私はすでに大吉がを削除しました。」

俳優チャン・ヒョクが「私の国」イバンウォンで「純粋の時代」の物足りなさと「チュノ」テギル役の残像を完全に払拭した。

チャン・ヒョクは26日、ソウル江南区論峴洞のカフェでJTBC金土ドラマ「私の国」放映終了記念ラウンドインタビューを進行した。

「私の国」は、高麗末、朝鮮秒を背景に、それぞれの「私の国」を守るために、お互いに刃先をねらう者たちの物語を描いたアクション時代劇である。

劇中チャン・ヒョクは後日太宗となる王子イバンウォン役を引き受けた。イバンウォンは父成桂の朝鮮建国を助けたが、利用だけされて建国功臣録に名前も上げられなかった人物である。これによりイ・バンウォンは王子の乱を起こして「捨てられた者たちのための国」を建てようとした。

「私の国」のイバンウォンはチャン・ヒョクにぴったりな"服"だった。
いかなる違和感もぎこちなさもなかった。
イバンウォンがチャン・ヒョクであり、チャン・ヒョクがイバンウォンだった。
人生のキャラクターを更新したという評価が自然に続いた。 このように、***誘電率バンプ名演が誕生することができる背景には、「純粋の時代」があった。

チャン・ヒョクは、「バンウォン役は映画"純粋の時代"でも一度やった。その後、残った物足りなさがあって、いつかまた一度イバンウォンをしなければと思っていた。 そうするうちに"私の国"に出演することになった。
私は、撮影に入る前に監督にやりたいことのお願いを申し上げた。すでに歴史に記載されているイバンウォンの野心家の面目が枠がされながらも、彼の裏面を感性的に表現したいと頼んだ。 幸いなことに、監督がそのような方向でやりましょうとおっしゃってくださったので、私なりには、クールな部分がある。」 

作品が違うし、実在の人物だから既存のストーリーは変わることはない。しかし、だからといってひたすら同じ演技であれば、同じキャラクターでの再挑戦は無意味である。

チャン・ヒョクは、「"純粋の時代"のイバンウォンとは別のイバンウォンの姿を見せるために、自分の感情の流れにさらに集中した。 イバンウォンの実際の成果は、実録に記録された行動などはデータとして残っているが、その状況の時イバンウォンがどんな気持ちだったのかはファンタジーだ。 実録は勝者が記録歴史でもあり、非常に多くの外史もあって...。 実際に見たことがないので、このような状況でバンウォンがどのように感じて選択したのかは、俳優が作品の中で取る感情的に表現するのが最善だと思います。だから、状況の中で、私はいくつかの感情が来たのかに集中しました。」


201911281046778782_5ddf336738b61.jpg

201911281046778782_5ddf336794099.jpg



イバンウォンのチャン・ヒョクの解釈はさらに深まった。

チャン・ヒョクは、「父との対蹠点に立っていたイバンウォンは、最終的に"血の君主"となる。 なぜイバンウォンがそうなるしかなかったかを、歴史から抜粋した事実のみで解決しようとは思わなかった。 裏面に何かないだろうかと考えた。父と対立中だけ理性的かつ合理的な感じで王子の私を起こしたようでした。裏面には、元のそうではないことがあったイバンウォンも状況が重ねりながらそうなったではないか、こういう方向に主眼を置いた」と述べた。

「純粋の時代」に接したイバンウォン、以降物足りなさに吟味見イバンウォン、「私の国」に再解釈したイバンウォンまで。 「私の国」でチャン・ヒョクが披露したイバンウォンは4年を経て完成されたわけだ。
投資した時間と努力は彼を裏切っていない。
主演に劣らない重たさに視聴者の好評が相次いだ。

これに対しチャン・ヒョクは、
「個人的にはとても感謝している。「確かに感情の臼杵が多くのキャラクターを取る場合よりいいと思った」
「「私の国」はイバンウォンが起こした王子の乱の話を扱ったが、明らかに新たに脚色した部分もある。すでにあまりにも多くの人が知っている話なので、まったく同じだと共感の形成が容易ではないと思った。 だから、国民がすでに知っているキャラクターに他の側面を示して、新しいストーリーを築くことではなく、説得力のあると思った」と話した。


201911272109770505_5dde68c9e4157.jpg

A-PYH2019112801080000500_P4_20191130035939f87.jpg




チャン・ヒョクは1997年のドラマ「モデル」でデビューした後、 22年間の軍生活に起因するブランクを除いて、演技を停止ことがない。
特に彼のフィルモグラフィーで目立つのは、年次が似たような俳優に比べて多数の時代劇に参加したという点である。

「時代劇も現代劇もそれなりの楽しみがあります。しかし、時代劇のほうがアップダウンの多くを与えることができると思います。 時代劇の中の時代は極端で、いろいろ制約も多いです。そんな社会的雰囲気の中で表現するセリフは確かに密度が高い。時代劇だけの日線感じがあります。個人的に時代劇をとても好きです。」

時代劇への愛情が満ちて、それほど多作なチャン・ヒョクが、まだ見ぬ役があると明かし目を引いた。

チャン・ヒョクは、「私は朝鮮時代や****ヨマルソンチョ人物しかない試みた。他の時代をやったことがない。また、私は王になる前までは試みた。なので王は一度必ずしてみたい」と述べた。

特にチャン・ヒョクは「チュノ」のイデギル役で強烈な印象を残した。 なんと9年前の作品であるのに、まだ視聴者は、彼からテギルの残像を見ることもある。「ストリング」してきた彼には多少の混乱する点である。しかし、チャン・ヒョクは気にしなかった。彼の演技からはしっかりと自信が感じられた。

「大吉の残像を常に消したと思います。私は消したのだが他の人ができない削除だと思う。ハハハ...。 しかし、私がテギルを演じてないと言ったも、大衆がどのように見てくれるのかが重要です。 私はテギルを消そうとしたし、また消去しなければならないと思います。 といっても寂しくはありません。そのように見てくださる方々にとっては、私はイ・デギルあるでしょう











【2019 Happy Birthday企画】

12月2日24:00 参加お申込みを締め切ります
ご参加、お待ちしています。

チャン・ヒョク応援団 DANDY BOY

        

DandyBoy




ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

0 Comments

Leave a comment