『見た通りに話せ』撮影現場で大事故(11/29)スタッフ8人が重軽傷


 <News>Tell me what you saw

チャン・ヒョク
본대로말하라 "Tell me what you saw" 


『見た通りに話せ』撮影現場で大事故!
制作側、労働安全衛生義務違反などを問われる



まだ ヒョクは撮影に加わっていない初撮影の頃(11月29日)
こんな大事故があっただなんて。

一瞬全身が凍りつきそうになりました。

起きた事故はもう元へはもどれませんけど
やはり、労組が定める安全基準や契約を遵守することはとても重要なことだと改めて感じました。

また制作側は、道占有許可を受けずに撮影していた日にこの事故が起こったにも関わらず
その後今月初めの同じ場所での撮影も管轄区への道占有許可なしだったとこの記事にはありますね~

う゛ーーーむ。。。




http://www.joynews24.com/view/1228881

 '본대로 말하라', 촬영장 교통사고…스태프 8명 부상
 

  2019.12.12  16:58 [조이뉴스24 김양수記者]

20191106-2_20191212182323987.jpg


ドラマ「見た通りに話せ」の撮影現場で発生した事故で、スタッフ8人が負傷したという事実が一歩遅れて伝えられた。
うち、二人は約1年6ヶ月間の治療が必要な重傷を負った。

12日、民主労総ソウル本部共に生きる希望連帯労働組合放送スタッフ支部によると、11月29日午前11時OCNドラマ「見た通りに話せ」の撮影現場での交通事故が発生した。

この日、仁川永宗島に位置道路で行われた撮影でスタッフは撮影カー(撮影のための特別な製造車両)に搭乗して、劇中のパトカーが逃走車両を追撃する場面を撮影した。この過程の中で逃走車と撮影カーが衝突し撮影カーに搭乗していたスタッフが車の外に投げ出された。

これにより、スタッフ8人が負傷した。
事故発生後、重傷を負った1人の照明スタッフ(以下、Aスタッフ)は、7時間にわたる大手術を受けた。Aスタッフは第2、4脊椎骨が骨折し、第二脊椎骨が的倒れ、骨盤の骨を移植して5〜10倍の背骨に12本のピンを挙げて腰を固定する手術を行った。そして約1年6ヶ月の治療が必要だという診断を受けた。


労働組合側は、
「今回の事故は、放送局であるCJ E&Mと、制作会社のスタジオドラゴンとエイチハウスの責任がある」と主張した。

その理由として、発行元が事故当日管轄区である仁川市中区庁から道路占有許可さえ受けずに無理に撮影を進行したという点を挙げた。

また、労働組合側は、製作会社がスタッフの労働安全衛生教育未実施など、基本的な労働安全衛生上の義務すら履行しなかったと主張した。
最後に、労働組合は、CJ ENMが共同協議体の参加要求を拒否してスタッフに請負契約の締結を強要していると声を高めた。
Aスタッフも製作会社のニーズに応じて、用役契約書を作成して働いていた中で事故が発生して、事実上、労災処理がはるかに遠い状況だと付け加えた。


一方、「見た通りに話せ」は、すべてのものを失った天才プロファイラーと、一度見たものはそのまま記憶する能力を持つ刑事が、死んだと思われていた連鎖殺人魔を追跡する五感サスペンススリラー。 チャン・ヒョク、チェ・スヨン、ジンソヨンなどが出演して、来年上半期放送予定である。










ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

0 Comments

Leave a comment