『見た通りに話せ』制作発表記者会見内容①総合


☆Press conference <Tell me what you saw>2020.01.29


チャン・ヒョク
본대로 말하라 " 제작발표회 


『見た通りに話せ』制作発表会

記者会見内容①総合


『見た通りに話せ』
制作発表会 2020.01.29 14:00~




写真は、記事に使われたものは削除(笑)
記事内容に合わせて勝手に差し込みました~




http://tenasia.hankyung.com/archives/1906259

 장혁·최수영·진서연, 장르물로 180도 변신…OCN 1등 노린다 (종합)
 チャン・ヒョク・チェ・スヨン・ジンソヨン、捜査ドラマで180度変身。OCN 1等狙う(総合)

  2020. 01.29 17:40 [텐아시아=노규민記者]

q1_202001302247344d4.jpg


俳優チャン・ヒョクがプロファイラ-になって戻ってきた。ラフで派手なアクションではなく切除された重たいカリスマを発散する。 チェ・スヨンは一度見たものはそのまま記憶する神秘的な力を持った刑事に扮し現実とファンタジーを行き来する演技を披露し、映画『毒戦』を通じて圧倒的な演技力を見せてくれたチン・ソヨンは180度違った雰囲気で、視聴者に会う。OCNが今年初めて出しすドラマ『見た通りに話せ』を通じてだ。



29日午後、ソウル汝矣島コンラッドホテルで開かれたOCN土日オリジナル「見ての通りどうぞ」の制作発表会には俳優チャン・ヒョク、チェ・スヨン、ジンソヨン、ジャンヒョンソン、リュ・スンスとキム・サンフン監督が参加した。



q2_20200130224735a82.jpg
<キム・サンフン監督>


キム・サンフン監督は、「タイトルのように見たことの中で手がかりを探し、プロファイルを使用して犯人に一歩一歩近づいていく話だ。その中で人物のそれぞれが持っている傷を人間愛で癒していくことになる」と説明した。

続いてキム監督は、「キム・ホンソンクリエイターが、"台本が良くてチャン・ヒョク、チェ・スヨン、チン・ソヨンという俳優が出演する。だから君が演出を引き受けなさい"と言ってくれた。 悩むことはなかった。 俳優が良くて、台本が良ければ十分こなせると思った」と話した。



q3_20200130224736d5a.jpg
<チャン・ヒョク>


2017年ボイスシーズン1を成功させたチャン・ヒョクが3年ぶりにOCNドラマに出演した。 天才プロファイラーオヒョンジェに扮した彼の静的な姿で独歩的なカリスマを発散する予定だ。

チャン・ヒョクは、「捜査ジャンルものをやってたかった。心理を把握し、捜査する部分が面白そうだったし、この人物が持っている特殊な状況を示すことも期待された。キム監督とは「ボイス」を一緒にやった。もう一度やっていいと思い出演した。」と述べた。



q4のコピー
<チェ・スヨン>


ガールグループ少女時代出身チェ・スヨンは、これまでテレビやスクリーンを行き来し、演技力を積んできた。『見た通りに話せ』を通じて初めて捜査ジャンルものに出演することになった。すべてのことを覚えて刑事チャ・スヨンに扮す。
彼女は、「捜査ジャンルドラマに挑戦したかった。ドラマを見れば分かる作品全体が与えるメッセージがあります。今の時代に必要な話だ。心が引かれた」と述べた。

また、チェ・スヨンは「映画ガールカプスでも刑事をしたが、その時は楽だった。私はオフィスに座ってコンピュータで仕事し、ラミラン先輩とイ・ソンギョンが走り回った。 今回はは立場が変わった。チャン・ヒョク先輩がじっと座って指示して、私は懸命に走り回る。どのような役がより良いかよく分からないが現場で走り回ると多くのエネルギーを受ける」と話した。




q5.jpg
<チン・ソヨン>


2018年の映画『毒戦』で強烈な演技を披露し、スターダムに上がったチンンソヨンは2年余りの空白を破ってお茶の間に復帰した。広域捜査隊長捜査隊長黄河霊の役割を引き受けた。

チンソヨンは、「映画『毒戦』の後初めて務めるキャラクターだが『毒戦』のボリョンと、『見た通りに話せ』のファン・ハヨンは極と極である。『毒戦』では悪役、今回は悪を捕る刑事であるため、前とは異なる姿をお見せできるだろう」と語った。

久しぶりに演技をすることになった所感も伝えた。彼女は、「『毒戦』が終わった後に妊娠をして、子供を出産した。私の意図とは異なる2年を休んだが、普段にも運動をたくさんしたので、回復して戻ってくるのは無理がなかった。演技を再び出来て嬉しい。」と笑った。



q7.jpg


また、リュ・スンスが広域捜査隊の梁となるベテラン刑事ヤン・マンスに分し、チャン・ヒョンソンはこの局を育てたい広域捜査隊の野心家チェ・ヒョンピル役で熱演する。

この日リュ・スンスは、「少女時代のファンだった。チェ・スヨンが出演するから、選択した作品」とオタクであることを明らかにし笑いをかもし出した。

チャン・ヒョンソンは、「制作発表会現場に入る前リュ・スンスとチェ・スヨンが手洗浄剤で細菌を殺すことができるかないかについて10分間戦った。このように雰囲気がとても良い」と冗談を言った。

殺人事件を暴く比較的重い雰囲気のドラマだが監督と俳優たちは、「現場はいつも明るい」と口を揃えた。 
金監督は、「今までしてきたどんな作品よりチームワークが良い。だから幸せに撮影中」と笑った。 チェ・スヨンとチン・ソヨンは「撮影現場がこんなに楽しいとは思わなかった。現場に行くことが幸せである。仲間とスタッフがみんな愉快だ。」と述べた。

キム監督は、「捜査物が、ファンタジーのように見える時もあるはず。それがこのドラマの魅力の一部です。プロファイリングとピクチャーリング能力で犯人を探していく過程が楽しいだろう。彼らが持つそれぞれの能力がどのように表現されるかを重点的に見ると興味深い筈。また、彼らがそれぞれの心の傷をどのように治癒していくのか心理変化にも注目してほしい」と語った。

リュ・スンスは、「今までOCNドラマが立てた視聴率記録を折ってしてほしい」と願い、またチェ・スヨンは「視聴率は数字に過ぎない。最近では、スマートフォンでも多く見るではないですか。しかし、私たちのドラマは最初から最後まで必ずTVでみるべきでしょう。心本当は自分の気持ちとしては視聴率20%が超えてくれればうれしいと思っている」と希望を述べた。


『見た通りに話せ』は、すべてのことを失った天才プロファイラーと一度見たものはそのまま記憶する能力を持つ刑事が死んだと思われていた連鎖殺人魔を追跡するスリラー物である。「ボイス1」「客the guest」などのヒット作を演出したキム・ホンソン監督がクリエイターを務め企画と制作全般に参加し、「ボイス1」を共同演出したキム・サンフン監督と映画「チャ刑事」のコ・ヨンジェ作家、新人ハンギヒョン作家が団結し期待を集めている。来る2月1日に初放送。


q8.jpg










https://entertain.naver.com/read?oid=117&aid=0003327660

   장혁·최수영·진서연의 '본대로 말하라', 장르물 어벤져스의 귀환
チャンヒョク,チェスヨン,チンソヨン『見た通りに話せ』、捜査ドラマ最強メンバーの帰還

  2020. 01.29 15:03 [ 마이데일리 = 이승길 記者]

***


OCNの新土日ドラマ『見た通りに話せ』(脚本コヨンジェ,ハンギヒョン 演出キムサンフン)製作発表会が29日午後、ソウル永登浦区汝矣島コンラッドソウルでチャン・ヒョク、チェ・スヨン、チン・ソヨン、チャン・ヒョンソン、リュ・スンス、キム・サンフン監督が参加した中で行われた。

『見た通りに話せ』は、すべてのことを失った天才プロファイラーと一度見たものはそのまま記憶する能力を持つ刑事が死んだと思われていた連鎖殺人魔を追跡する過程を描くサスペンススリラードラマだ。

ドラマ「ボイス1」、「客the guest」、「ライアーゲーム」、「笛を吹く男」などを演出したキム・ホンソン監督がクリエイターを引き受けOCNファンのより高い関心を集めている。キム・ホンソン監督は企画と制作全体に参加し作品に完成度を加える予定である。
また、「ボイス1」を共同演出したキム・サンフン監督と映画「チャ刑事」のコ・ヨンジェ作家、新人ハンギヒョン作家が一つになった。




監督 *


捜査ジャンルドラマの名家と呼ばれるOCNが2020年に初めて披露いる作品。
キム・サンフン監督は、「タイトルのように見たことの中で手がかりを探して、そうして犯人に一歩一歩近づいていく内容を盛り込んだドラマだ。その過程で、各自が持っている傷を人間愛で癒やすようになる。」と作品を紹介した。

続いてキム監督は、「キム・ホンソンクリエイターが優れている。台本が優れている。そしてチャン・ヒョク、チェ・スヨン、チン・ソヨンという俳優陣が優れている。 だから、 君が引き受けなさいと言われた。 悩むことなく、引き受けることになった。俳優が良くて、台本が良ければ十分やることができという気がした」と自信を表わした。



ヒョク**


チャン・ヒョクは「ボイス」以後3年ぶりにOCNドラマに戻ってきた。
彼は、「次、新しい作品では捜査ジャンルものをやりたいという思いを持っていた。特に、プロファイルラーといういう仕事を演じるのは面白そうだった。ボイス時代に一緒にした製作陣だから、****のようにすればおもしろくなりそうだと思い『見た通りに話せ』を選択した。」と述べた。



スヨン**


映画「ガールカプス」に続き、再び刑事の役を引き受けることになったチェ・スヨンは、「ガールカプスでは、オフィスに座って、コンピュータとして働く役だったので楽だった。ところが、今回は立場が完全に変わった。チャン・ヒョクさんが中で指示をすると、私はジャンプして通う。個人的には、現場で走りながら演技をすることは、より多くのエネルギーを受けるようだ。」とキャラクターを紹介した。



ソヨン**


チンソヨンは、「映画毒戦'以後初めて務める役である。 『毒戦』では悪役だったが、今回は悪役を捕る刑事だ。だから両極端だ。映画の中でハイテンションだったら、今度は悪人を捕る役として他の多くの姿を見いただけるようだ。出産後の復帰作であるという欲が多いが、出産では2年程を体を休ませた。再び演技をすることになってうれしい」と覚悟を語った。



ふたり刑事**


「見ての通り話す」は2月1日夜10時50分初放送される。





ご訪問ありがとうございます

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計
スマホでは 日計と週計は表示されません

;
◆ zoi's SNS ◆ follow me
Just Jang Hyuk https://twitter.com/zoi____
Just Jang Hyuk https://www.instagram.com/just.janghyuk_zoi/
Just Jang Hyukhttps://www.facebook.com/jang.hyuk.vol4/
関連記事

0 Comments

Leave a comment