【公式ホームページにヒョク初投稿!!!!!】

【チャン・ヒョク公式ホームページに初投稿!】


昨日3/18 チャン・ヒョク 初投稿
*Sidus official   http://www.sidushq.com/starhome/?oidStarHome=74


      

  初投稿 !!   です  
                         
  ヒョクが初めて投稿してくれました!
 


                                     
      2年半前の(ん?3年半前でしたっけ?)ホームページ全面リニューアル以降、 初投稿です。
      それ以前のホームページにも会員登録していましたが、私が登録した以降は、一度としてヒョク本人の投稿は
      ありませんでした。---(ずぅっっっと以前はあったとは思いますが~)
      すっごく 感激 !!!!!!!!!!!!!!!!   大感激 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
      
      チュノが始まって新たなファンもできたようで、現在はにわかに動きのあるページにはなって来ていますが、
      特にタッチャ以前は、少し....というか、私たちの大俳優のページにしたら非常に寂しいページで~


      「ヒョクって、ここ覗いたことあるのかな~」  なんて笑いつつ、ずっとチングと「to star」のコーナーに
      投稿をしてきました。 カウントしてはいませんが、 恥ずかしながら、私とチングが最も多いのでは(笑)
      ヒョクのページが 寂しいページであることがたまらなく嫌で、あえて投稿が途絶えると、...to hyukしてきた
      のです(笑)... (頼まれたわけじゃないのに、何故かチングと共にかすかな使命感さえ抱いていました。 
      そんな 今までの思いがあるので、昨日のヒョクからのメッセージ、 感慨無量。
      内容よりも、投稿があったということが たまらなく すっごくすっごくうれしぃ-----い!!!!!
      ヒョクの投稿に一度コメントを入れましたが、書き直したくて削除しました。 今から再度 コメント書き込みに
      行ってまいりまぁ~す♪♪♪

                                 
      要ログイン  ※無料
      http://www.sidushq.com/starhome/fromstar/read.asp?oidStarHome=74&SearchField=strSubject&SearchText=&nPageNo=1&oidArticle=193267</span>">http://www.sidushq.com/starhome/fromstar/read.asp?oidStarHome=74&SearchField=strSubject&SearchText=&nPageNo=1&oidArticle=193267

  Official Site   ---From star---
  「장혁입니다..」        장 혁 2010-03-18



   안녕하세요 장혁입니다

   지금 이제 마지막회 촬영을 앞두고 있는데요
   지금까지 보여주신 관심과 애정에 뭐라고 말씀을 드려야할지
   정리가 잘 되지 않으나 조심스레 몇자 적어볼까 합니다.


   먼저 대길이라는 캐릭터를 표현하기에 앞서
   이대길이라는 사람에 대해서 여러가지 관점에서 생각을 많이 해봤답니다
   과연 도령에서 추노꾼이 되기까지 무슨 변화가 있었을까..
   그 친구의 하루하루는 어떠했을까..
   그리고 대본상 보여주지 않은 10년을 어떻게 채워나갈것인가..
   그래서 처음 잡은 데이타 베이스는 간접적인 말투에서 직접적인 화법으로 옮기는 것..
   그리고 피부톤이나 수동적이지 않은 능동적인 생활패턴..
   무관들과 다른 저작거리에서 생존하기 위한 액션 디자인 등등
   정리되지 않은 생각들로 시작을 해왔는데..
   회를 거듭할수록 여러분들이 전해주는 모니터와 애정어린 시선으로
   이대길이라는 캐릭터에 대해서 한발짝 조금 더 가까이 이해할 수 있게 된 것 같습니다.


   이제 그 캐릭터를 생각할 수 있는 생각이 얼마 남지 않아
   무척이나 아쉽고 마침표를 어떻게 채울까 고민스럽습니다.
   복서에게 있어서 15라운드의 경기는 한 라운드 라운드마다
   힘조절과 리듬감과 발란스가 있어야 한다고 생각하는데
   배우에게 있어서 24부작 즉, 24라운드는 그와 비슷하다고 생각합니다.
   어떤 회차에서는 너무 넘쳤던 부분도 있었을것이고
   어떤 회차에서는 못 미쳤던 부분도 있었던 것 같습니다.
   하지만 이 작품을 통해서 그 흐름의 발란스를 잡을 수 있었던 계기가 됐던 점
   특히 고마울 따름이고 너무나 행복한 무대였던 것 같습니다.


   아직 진행중인 배우로서 더 많은 것을 채워나갈 것이며
   발란스를 잘 잡을 수 있는 배우가 되어 여러분 주변에서 늘 땀흘리고 노력하겠습니다.

   끝으로 지금까지 봐주셨던 것처럼 마지막까지 함께해주십시오.
   저희 배우들 그리고, 감독님 및 스탭들 끝까지 힘찬 마침표를 향해서 달려가겠습니다.
   감사합니다..
   항상 건강하셔요~


   p.s

   어린시절부터 지금까지 가장 남자배우가 또는 남자로서 짙은 향을 낼수 있는 시기가
   30대 중반에서 40대 중반 이라고 생각했는데, 그 시기에 첫 포문을 열고 접했던 캐릭터가
   추노라는 작품의 이대길이었습니다. 첫 사랑을 기억하는 것처럼 이 캐릭터는 앞으로
   아주 의미있게 남을 것 같습니다...
                                                 .



!-4.jpg


   ■追記 --------------------------------------3.19 am11.50

       日本のポータルサイトでも、さっそくヒョクの投稿についての記事が上がってきました。

              【チャン・ヒョク、公式ホームページに最終回直前の思いを伝える】
                                  koari news 10-03-19 11:22
               http://www.koari.net/bbs/board.php?bo_table=news_01&wr_id=4069</span>">http://www.koari.net/bbs/board.php?bo_table=news_01&wr_id=4069

              【チャン・ヒョク、「『推奴』はとても幸せな舞台だった」】
                                  innolife news  2010/03/19(Fri) 10:11 
               http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=112184</span>">http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=112184


    『{推奴}』の{チャン・ヒョク}が、自身の公式H.Pでドラマ放映終了の所感を伝える。



   KBS2TV特別企画ドラマ『推奴』でカリスマ溢れる推奴として熱演しているチャン・ヒョク
   が、最後の撮影を前に作品とキャラクターに対する愛情を打ち明けた。

   チャン・ヒョクは「こんにちは、チャン・ヒョクです。今はもう最終回の撮影を前にしてい
   ますが、これまで見せて下さった関心と愛情に何と申し上げていいか」とし「整理がよく
   出来ていませんが、控えめにちょっと記してみようかと思います」

   彼は続けて「デギルというキャラクターを表現するのに先立ち、イ・デギルという人につ
   いて様々な点でいろいろと考えさせられました。果たして貴族の息子から推奴になるまで
   どんな変化があったのだろうか。台本上見れない推奴になっていく過程の10年をどのよう
   に埋めていこうか、悩みました」と話した。

   デギルのキャラクターを掴むためにチャン・ヒョクは「初めに掴んだデータベースは、間
   接的な言葉使いから直接的な話法に変わるもの、そして受動的でない能動的な生活パター
   ン、武官と違う店の立ち並んでいる通りで生存するためのアクションデザインなどでした」
   と細かく記していった。

   また「回を重ねる毎に皆さんが伝えて下さるモニターと愛情の込もった関心のおかげで、
   イ・デギルというキャラクターに対して一歩踏みこんで理解できるようになりました。
   しかしもうこのキャラクターを考えることの出来る時間があまり残っておらず、非常に残
   念で終止符をどのように打つか悩んでいます」と演技への情熱とキャラクターに対する愛
   情、最後の撮影に対する残念さも共に表わした。

   またチャン・ヒョクは「ボクサーにおいて15ラウンドの試合は、1ラウンド度に力の調節
   やリズム感、バランスがなければならないと思いますが、私において『推奴』の24部作は
   つまり、24ラウンドはそれと似ていると思います」とし「この作品を通じ、その流れのバ
   ランスを掴めるきっかけが出来たことに特に有難く思います。とても幸せな舞台でした。
   今後もバランスを上手く掴める俳優になって、皆さんの周辺でいつも汗を流して努力致しま
   す」と作品に対する正直な考えと今後の抱負を共に伝えた。

   最後にチャン・ヒョクは追伸で「幼い頃から今まで最も男性俳優が、または男として濃厚
   な香りを出すことの出来る時期が30代中盤から40代中盤だと思っていましたが、その時
   期の最初の砲口を開いて接したキャラクターが、『推奴』という作品のイ・デギルでした。
   初恋を記憶しているように、このキャラクターは今後非常に意味を持って残ると思います」
   と伝え、所感を締めくくった。



 


関連記事

0 Comments

Leave a comment