チャン・ヒョク帰国翌日はGcウォッチ 『スマートラグジュアリーモーメント』プロジェクトに参加

帰国翌日はGcウォッチ 『スマートラグジュアリーモーメント』プロジェクトに参加
  


帰国翌日、スイスGcウォッチ『スマートラグジュアリーモーメント』プロジェクトに参加
2012.7.17
Moments of Smart Luxury - Gc WATCHES

 
 


あらたに17日、23日と上がってきたGcウォッチのチャン・ヒョクニュース。
Gcコリアではなく、Gcウォッチ本家大元のスイスGcウォッチの新たなプロジェクトの為の撮影が行われたという内容でした。

15日約3時間の 大阪ファンミーティングをこなし、16日のお昼の便で帰国したヒョクでしたが、間髪いれず17日にはこのGcウォッチの撮影だったとは!!
このハードなスケジュールの詰め方は、別に今に始まったことではありませんが、肩も治ってない状態での、極暑の中での、....第一線のスターであるヒョクの"日常"、想像するだけでこちらがくらりとなってしまいます。



4月に行われた チャン・ヒョク2年目の新カタログ撮影の 画像が今だに出てこないので、今回の記事内容をきちんと読むまでは、まだあのカタログ撮影の続きをやっているの?かと思ってしまいましたが、それとは全く別のプロジェクトでした。
この日の写真と映像はGcウォッチの公式ホームページwww.gcwatches.comで確認することができると記事にあります。  が、今はまだ確認できず ^ ^





Gcウォッチ 『スマートラグジュアリーモーメント』プロジェクトにチャン・ヒョク参加
http://news.jkn.co.kr/article/news/20120723/6627375.htm JKN.co.kr 2012.07.23 18:24


     国際的フォトグラファーPino Gomesがチャン・ヒョクを訪ねてきた!
     Gcウォッチ、広告モデル チャン・ヒョクのスマートラグジュアリーモーメントは?
チャン・ヒョク

チャン・ヒョク


Gcウォッチは、スイスのバーゼルウォッチフェア(2011年)の新スローガン"スマートラグジュアリー(Smart Luxury)"をテーマに、 『スマートラグジュアリーモ-メント(Moments of Smart Luxury)』プロジェクトを進めている。
プロジェクトは各分野のセレブリティたちを選定し、彼らの"スマートラグジュアリーモーメント"を写真に撮り、Gcウォッチの新商品も紹介する。

ちかごろGcウォッチのスマートラグジュアリーモ-メントグローバルプロジェクトに選定された写真家·ピノゴメス(Pino Gomes)が韓国のGcウォッチの広告モデルである俳優チャン・ヒョクを写真に収めるために訪韓した。

ピノゴメスは、現在、ロシア、イスラエル、イギリス、フランス、インドネシア、スペイン、トルコ、日本など、世界を歩き回って、それぞれの国ごとに選定されたモデルのスマートラグジュアリーモーメントを写真に収めるプロジェクトを進めている。

ピノ・ゴメスは、去る7月17日論硯洞(ノンヒョンドン)のあるスタジオでGcウォッチの韓国公式モデルとして活動中のチャン・ヒョクと共にプロジェクトを進行した。 
チャン・ヒョクは現在俳優としての人生を歩くことができるようにしてくれた過去と俳優の道を選択した瞬間、撮影を準備して演技をする姿など、チャン・ヒョクの"スマートラグジュアリーモーメント"を自然な姿で写真に収めた。 
Gcウォッチの関係者は、「それぞれの国ごとの撮影されたモデルだけでなく、チャン・ヒョクの"スマートラグジュアリーモーメント"を撮った写真と映像はGcウォッチの公式ホームページwww.gcwatches.comで確認することができる。」" と伝えた。






http://mbncnd.com/article/article.view.php?bid=interview&intSeq=3809
チャン・ヒョク


Gcの今回のプロジェクトは、独創的な個性を持った全世界のライジングスター(rising star)の個性的なライフスタイルと、スマート豪華モモントゥルルGcの時計とマッチしてフィルムに収めての展示と写真コレクションを出版するための活動。昨年スイスのから始めて、スペイン、トルコ、タイ、アラブ首長国連邦、フランスを経て、今年、ロシア、イスラエル、インドネシア、パナマ、モロッコ、中国、日本、韓国で進められている







http://blog-imgs-21.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/mb_mt202_28.gif" alt="top" border="0" width="80" height="20" />">トップへ戻る top

関連記事

0 Comments

Leave a comment