『輝いたり、狂ったり』出演者&キャラクター説明 (2014.12.03現在)


『輝いたり、狂ったり』 出演者 & キャラクター解説 (2014.12.03現在)
 
チャン・ヒョク
  

1月スタート MBC月火ドラマ
『輝いたり、狂ったり』 出演者 & キャラクター説明 (2014.12.03現在)



MBC広報局からの追加キャストとキャラクター解説が上がってきました。

MBC広報局から上がってきた出演陣は今日時点で、チャン・ヒョク、、オ・ヨンソ、リュ・スンス、イ·ドッカァ(イ・ドクファ)、アン·ギルガン、キム·ビョンウク、 キム·リユハ、 キム·ソンヨン。



輝いたり、狂ったり


line



■今日までの公式発表およびニュース記事等に見る 
   登場人物とキャラクター


  登場人物とキャラクター
               2014-12-03 現在  


ワンソ / 光宗 왕소  [チャン・ヒョク]
チャンヒョク

高麗の第4代王"光宗/왕소ワンソ"。
  
高麗皇室 王位:継承序列一位の皇子。 
高麗をを血の海にするという予言の元で生まれた呪われた人物。
緻密で大胆な性格を持ち、断固とした意思の持ち主。

------------------------------------------------------------
シンユル/신율  [オ・ヨンス]
オヨンソ

渤海(パレ)の王女。
渤海王国の最後の王女であるシンユル。
天文、主役、地理、兵法に長けた戦略家。
ワンソ (チャン・ヒョク) に光を抱かせる運命の女。

------------------------------------------------------------
ワン・シクリョム/왕식렴   [イイ・ドックァ]
イドッカァ

太祖 王健/ワンゴンのいとこ。
王権を脅威するほどの豪族勢力の中心人物。

豪族たちは、皇帝の前で国事を論じる前に、まずワンシクリョムの大殿に立ち寄って国事を論じ、決定された事案を皇帝の前でオウムのように詠んで欺く。
ワン・シクリョムが指名する者がすなわち皇帝になるのだ。

彼は置き物だと考えて皇帝に擁立したワンヨ (リュスンス) が自分に反旗をし始め、そして放棄された皇子だとしか思っていなかったワンソ (チャン・ヒョク) が少しずつ存在感を現し始めると、彼らを殺してワンウク (イム・ジファン) を皇位に仕立て上げようとする。

------------------------------------------------------------
ワンヨ  定宗/왕요    [リュスンス]
リュスンス

高麗の第3代王
主人公ワンソ (チャン・ヒョク) の腹違いの兄。
王室と臣下たちに認められない悲運の王。

彼はワンシクリョムの手によって皇帝の座に上がったのでワンシクリョムの意志に従って動くしかなかった。 皇帝にさえなれば、聖君としての夢を広げようられると思っていたが、豪族たちの牽制に無気力な自分の姿を確認することになる。 
しかし、皇帝としての存在感を見いだし、少しずつ自分の意志を表現するようになっていき、ワン・シクリョムと対立する姿を見せ始める。

------------------------------------------------------------
ワンウク / 왕욱    [イム·ジュファン]
イムジュファン
王位継承序列2位の皇子。
太祖王健の四番目の妻新皇后の息子。

彼は優れた容貌と明晰な頭脳はもちろん、優れた武芸まで兼ね備えており、強力な豪族の家で完全に皇帝の後継者教育を経た人物。
高麗の皇帝の座と、渤海の王女シンユル (オ・ヨンソ) をはさんで王位序列1位の異母兄弟ワンソ (チャン・ヒョク) との対立を繰り広げる。 「生き仏」と呼ばれるほどの穏やかな外見とは異なり、目的のためにはどのようなこともするという逆の性格を持っている。


------------------------------------------------------------
フォンボ ヨウォン/황보여원   [イ・ハニ]
イハリ

高麗の第一代王"太祖/왕건(ワンゴン)"の娘、朝鮮一の美女と呼ばれる王女。
腹違いの弟ワンソと結婚した後、彼の心を得るために奮闘する。
賢く冷静な女性で ワンジュ(황주)家門の隠れた策士。 毒を扱うことができ"美しい毒草"と呼ばれている。


------------------------------------------------------------
ジモン/지몽   [キム・ビョンオク]
김병옥

太祖王健 , 恵宗 , 正宗、3 人の 皇帝の最側近として仕えた內侍(官史)。
高麗の内侍は、朝鮮時代と異なり家柄と学識、才能を備えたエリートであり、王の側近として国政全般にわたって強大な影響力を行使した。現代で言えば、"秘書室長"と同じ位置の人物。 そのためジモンは高麗建国初期、皇帝を最側近で​​補佐した優れた政治的バランス感覚を持った人物として描かれる。

ジモンは、男主人公ワンソ(チャン・ヒョク)の将来を予測した人物であり、シンユル(オ・ヨンソ)の運命も一目で分かることになる。
それほど重要ではないようにも見えるが、決定的瞬間ごとにドラマに重要な役割を果たす。


------------------------------------------------------------
ウンチョン/은천   [キム・リュハ]
輝いたり、狂ったり

ウンチョンは太祖王健とワンソが代を継いで導く秘密諜報 - 警護組織"조의선인"("ゾインソンイン")の最高武士。
"ゾインソンイン"が皇帝の警護を介して王権を強化し、首長の名のもとで高麗を正しい方向に導くために密かに行動する最高の武士集団。
太祖王建が死んだ後、ウンチョンは、ワンソが"ゾインソンイン"の首長になるのを、頼りなく見ていたが、少しずつ成長していくワンソを一番身近で仕える忠実な部下。


------------------------------------------------------------
カンミョン/강명  [アン·ギルガン]
輝いたり、狂ったり

カンミョンは、シンユル(オ・ヨンソ)が率いる"청해상단"青海(チョンヘ)商団の 도방/都房(私兵)。
青海商団の治安を担当するカンミョンは渤海(パレ)の武士の出身。 シンユルが家族のように思う人物。 愚直で剛直だが、反面 心が弱くて簡単にだまされる面もある。
シンユルの最も近くで仕え、彼女の未来を心配して彼女を守る人物でベクミョ(キム・ソニョン)とコンビを組み極の甘草の役割りをたっぷりと披露する。


------------------------------------------------------------
ペクミョ/백묘    [キム・ソニョン]
輝いたり、狂ったり

ペクミョは、カンミョン(アン・ギルガン) と共にシンユルの側近。
シンユルの生母の側近として仕えた護衛侍女。 生まれるやいなや死ぬ危機に瀕したシンユルを助け、今まで保護してきた人物。  成長し、青海商団を率いることになったシンユルのそばで行首(ヘンス)の役を担って商団の人的管理を引き受けることになった。
シンユルを家族以上に大切にし、シンユルの衣食住すべてを徹底的に管理する。  ぼろぼろの姿のワンソ(チャン・ヒョク)を初めて見た時、ワンソとシンユルが会うことが不満であった。


------------------------------------------------------------
ワンソ / 왕소 の子供時代   [チェハン]
2016562082_bb62aKK.jpg

------------------------------------------------------------
●ワンブン/왕풍     [カン·ギヨン]
カンギヨン

------------------------------------------------------------
●パクスギョン/ 박수경      [キム·ジノ]
midas_20141128213721bdb.jpg

------------------------------------------------------------
●   ---       [ファン・ジニ]
황지니






line



MBC-Info. (PROGRAM NEWS)
나거나 미치거나 /김병옥-김뢰하-안길강-김선영! 최고의 ‘씬 스틸러’ 4인방 합류!
http://mbcinfo.imbc.com/news/view.aspx?idx=18142" target="_blank" title=" http://mbcinfo.imbc.com/news/view.aspx?idx=18142"> http://mbcinfo.imbc.com/news/view.aspx?idx=18142

 『輝いたり、狂ったり』
キムビョンウク、キムリュハ、アンギルガン、キムソンヨン最高の"Senee Stealer"4人が合流

 <MBC広報局>  2014-12:03 14:20  


MBC新月火特別企画『輝いたり、狂ったり』(脚本グォンインチャン、ギムソンミ/演出ソン·ヒョンソク、ユン·ジフン)がキム·ビュンオク、キム·レハ、アン·ギルガン、キム·ソニョン等しっかりとした演技力を持った俳優たちを大挙キャスティングして名品史劇を予告した。

『輝いたり、狂ったり』は、同名の原作小説をドラマ化したもので初期高麗の皇子ワンソと渤海の王女シンユルの愛の物語を扱うロマンス史劇である。

キムビョンオクが託された「ジモン/」のキャラクターは、 キャラクターは 王健 , 恵宗 , 正宗 など 3 人の 皇帝を 最側近で 仕えた 內侍(官史)。
高麗の内侍は、朝鮮時代と異なり家柄と学識、才能を備えたエリートであり、王の側近として国政全般にわたって強大な影響力を行使する、現代で言えば、「秘書室長」と同じ位置の人物だった。 そのため「ジモン」は高麗建国初期、皇帝を最側近で​​補佐した優れた政治的バランス感覚を持った人物として描かれる。
「ジモン」は、チャン·ヒョクが引き受けることになった男主人公「ワンソ」の将来を予測した人物であり、オ·ヨンソが引き受けた「シンユル」の運命も一目で知って見ることになる。 それほど重要ではないように見えるが、決定的瞬間ごとにドラマに重要な役割を果たすことになる予定。

キム·レハが託された「ウンチョン/」は太祖王健とワンソが代を継いで導く秘密諜報 - 警護組織"조의선인"("ゾインソンイン")の最高武士。  "조의선인"("ゾインソンイン")が皇帝の警護を介して王権を強化し、首長の名のもとで高麗を正しい方向に導くために密かに行動する最高の武士集団であるだけに「ウンチョン」も大活躍を見せてくれる予定。
太祖王建が死んだ後、ワンソが"조의선인"("ゾインソンイン")の首長になると、頼りなくなく見ていたが、少しずつ成長していくワンソを最も身近で仕える忠実な部下である。

アンギルガンはシンユル(オ·ヨンソ)が営なむ"청해상단"(青海/チョンヘ商団)の 도방/都房(私兵)の「カンミョン/강명」役にキャスティングされた。 商団の治安を担当するガンミョンは渤海(パレ)の武士の出身。 シンユルが家族のように思う人物。  愚直で剛直が、心が弱く、簡単にだまされる面もあるキャラクター。 シンユルの最も近くで仕え、彼女の未来を心配して安否を守る人物でベクミョ/백묘とコンビを組み極の甘草の役割りをたっぷりと披露する予定。

キム·ソニョンは「カンミョン」と共にシンユルの側近である「ペクミョ/백묘」'役を引き受けた。
「ペクミョ」は、シンユルの生母を側近で仕えた護衛侍女。生まれるやいなや死ぬ危機に瀕したシンユルを助け、今まで保護してきた人物。  成長し、青海商団を率いることになったシンユルのそばで行首(ヘンス)の役を担って商団の人的管理を引き受けることになった。
シンユルを家族以上に大切にし、シンユルの衣食住すべてのものを徹底的に管理する。 ぼろぼろの姿の「ワンソ」を初めて見た時、ワンソとシンユルが会うことが不満である。 最近MBCドラマ[ホテルキング]でパク·チョルミンと一緒に맛깔나는な演技を披露したことがあるだけに、『輝いたり、狂ったり』での活躍も期待されている。


主なキャスティングを終えて、撮影に入った『輝いたり、狂ったり』は、現在放送中の『高慢と偏見』の後続として、来年1月中に初放送される。

*企画:イチャンソプ
*脚本:グォンインチャン、ギムソンミ
*演出:ソン·ヒョンソク、ユン·ジフン

*問い合わせ:広報局チョ·スビン








http://blog-imgs-21.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/mb_mt202_28.gif" alt="top" border="0" width="80" height="20" />">トップへ戻る top

関連記事

0 Comments

Leave a comment