『輝いたり、狂ったり』本日(12/18)リリースNew Stiill Cut


『輝いたり、狂ったり』本日(12/18)リリースNew Stiill Cut  
チャン・ヒョク
  


『輝いたり、狂ったり』本日(12/18)リリースNew Stiill Cut



今日は、"青" だ~ ^^    青ワンソ皇子



呪いを受けて生まれたがため親からも見放され
宮廷の外で ひとり寂しく成長した ワンソ皇子 .

チャン・ヒョク

輝いたり、狂ったり

チャン・ヒョク



'빛미' 장혁, 고려 황자 변신 '기품' 눈길
http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2014121809535299721&type=1&outlink=1

  「ビトミ」チャン·ヒョク、"高麗皇子変身" 気品注目   
              머니투데이 스타뉴스 2014.12. 09:54


MBCの新しい月火特別企画『輝いたり、狂ったり』(脚本グォンインチャンギムソンミ、演出ソン·ヒョンソクユンジフン)が高麗の呪われた皇子ワンソに変身したチャン·ヒョクの撮影最初のスチールカットを公開した。

現在放送されている『高慢と偏見』の後続で放送される時代劇『輝いたり、狂ったり』は、同名の小説が原作のロマンス史劇的。 高麗初期を背景とし、高麗の皇子ワンソと渤海の王女であるシンユルの愛の話だ。

チャン·ヒョクは、呪い受けた札をつけたまま親からも冷たくされ、皇居の外でひとり淋しくしていなければならなかった「ワンソ」を演技し、『輝いたり、狂ったり』を通して高麗皇族の複色姿を初めて披露する予定だ。

『根深い木』と『チュノ』などを通じて史劇で印象深い演技を披露してきたが、実際の貴族や王族の役は、引き受けたところはない。 華やかな絹の服を着たチャン·ヒョクの姿は、さらに新たに視聴者に到達することと思われる。

公開された写真でチャン·ヒョクは青い光の服を身につけ皇族らしい気品を現わして注目される。
何よりも親からも認められないまま皇居の外で育っただけに寂しさが込められた深い目つきも込められている様子である。 

ドラマの関係者は「これまでチャン·ヒョクが時代劇でよく披露してきた姿とはまた別のキャラクターであるだけに、チャン·ヒョクだけ"ワンソ"キャラクターが誕生するものと見られる。 おなじみのアクションもあるだろう。  "왕재"/ワンジェ(王才)として成長していく皇族の気品とカリスマも披露するだろう」と伝えた。

シーズン中の撮影が進行中の『輝いたり、狂ったり』は、来年1月に初放送予定である。


輝いたり、狂ったり






http://blog-imgs-21.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/mb_mt202_28.gif" alt="top" border="0" width="80" height="20" />">トップへ戻る top

関連記事

0 Comments

Leave a comment