『純粋の時代』3月封切り決定。スチールカットが公開されました


『純粋の時代』3月封切り決定。スチールカットが公開!
 
チャン・ヒョク
 "순수의 시대"   

『純粋の時代』本日広報開始!
3月封切り決定。 スチールカット3種公開!



本日 広報スタートしました~!
プロモーションの第一弾は、この3人のスチールカット公開!
これまで 撮影情報等もほとんどなくベールに包まれたままで、ただ朝鮮版"色・戒"としてその純粋に激しいエロ部分がチラチラと予測報道されてきましたが、エロが中心ではなく、やはり この限られた短い時間の純粋なまでの全ての激しさを描いた作品であるようですね。

重厚な骨太な作品であると、、、、 勝手に予測♪
それを映画映像ならではのダイナミックな作品であると、、、、予測中^^


映画『純粋の時代』とは________
映画の背景である 1398年は太祖李成桂が新しい王国朝鮮を開国してから 7年目になる年。 
朝鮮王朝の実録には王子イ・バンウォンが反対派を首切りして権力を手に入れた ‘王子の乱’として記録された年。
純粋の時代は王座を狙い再び赤い血が流れた ‘王子の乱’の裏面を映画的想像力を加えて描き出した、野望の時代の真ん中、歴史が隠そうとした血色の純粋の記録。




チャン・ヒョク ( = イ・バンウォン)
純粋の時代



シンハギュン  ( = 将軍キム·ミンジェ)
still_01_20150121123729c4c.jpg



カンハヌル  ( = ジン) キム・ミンジュの息子
still_03_20150121123754fa7.jpg


신하균-장혁-강하늘 '순수의 시대' 3월 개봉 확정 첫 스틸 공개
http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201501210100251470015713&servicedate=20150121
 
 シン·ハギュン - チャン·ヒョク - カン·ハヌル
 『純粋の時代』3月に公開確定! スチール公開!
   

         스포츠조선  2015-01-21 10:31:51   


シン·ハギュン、チャン·ヒョク、カンハヌルの『純粋の時代』が2015年3月封切りを確定し、朝鮮秒、乱世を生きた三人の男の強烈なキャラクタースチールを公開した。

『ブラインド』で新しいキャラクターとしっかりしたストーリーで韓国型スリラーの新しい典型的に提示して観客と評論家の両方を捕らえたアン·サンフン監督が、王座と権力をめぐる欲望が沸き立った朝鮮建国の初め、お互いに違う三人の男の強烈な運命に目を向けた。

王座のめぐる「王子の乱」で歴史に記録された野心の時代の真ん中に歴史を消しうとした血色の記録『純粋の時代』は、戦争が横行し次期王座をめぐる謀略が後を絶たなかった朝鮮初期、悲劇的な運命の中で芽生えた最も純粋な欲望を扱った話で、シン·ハギュンとチャン·ヒョク、カンハヌルの強烈な演技変身で目を引く作品。


映画の背景である1398年は、太祖·李成桂が新王国朝鮮建してから7年目の年で、朝鮮王朝実録には、王子イバンウォンが反対派を粛清して権力を手に入れた「王子の乱」として記録された年だ。
『純粋の時代』は、王の座を巡って再び赤い血が流れていた「王子の乱」の場合は、映画的想像力を加えて描いた。 

シン·ハギュンが演じた将軍キム·ミンジェは女真族と倭など、絶えず危機に瀕し朝鮮の国境線を守った功労で軍総司令官である板宜興サムグンブ社の座に上がるが、いざ自分自身の欲望は分からないまま生きていく人物。 ナイフ王を守って民を仕えてきたキム·ミンジェは生まれて初めて感じた愛の前にすべてを失うリスクを負うまま"純粋な愛"を求める。
朝鮮第一の武将が披露する華やかなアクション、守りたい愛を純粋に追う二つの相反した姿は演技派シン·ハギュンに会って立体的な人物で存続する。

チャン·ヒョクが演じたイバンウォンは高麗の忠臣の정몽주(チョンモンジュ)を刺殺するなど、父、李成桂イソンゲを助け直接手を血に染め朝鮮建国したが、当然のように見えた世子の席からは押し出され、その上、開国功臣冊封からも除外され、王座に向けた野心を燃やす人物。
王になることができなかった王子と王位に向けた知略と陰謀に『純粋の時代』のダイナミックドラマに刃を突き立てる。 すぐれた知略、目標に向けて必要な時はきっぱりと刀を持って相手を打つことができる断固とした、帝王の品位まで。 チャン·ヒョクは、既存の映画やTVで見ることができなかったドラマチックなイバンウォンを披露し、彼の作品をあわせて最も強烈な変身を披露する。

カン・ハヌルが演じた太祖·李成桂イソンゲの義理の息子ジンはチョンドジョンの孫でもあり、キム·ミンジェの息子で、飛ぶ鳥も落とすに値する位置にありながら부마(副馬?^^;)という地位のために官職にも上がることができず、キバンへの出入りさえ自由にならず、出口のない日常を肉対の欲望だけを追って堕落する人物。
『相続人』『微生物』などを通し、正しくて思慮深い若者を主に演じてしたカンハヌル から初めて見る卑劣さとさもしさ、それでいて誰もすることができない者の1人濃く染み出る姿で、観客に発見の楽しさをプレゼントする予定である。

戦場に立った将軍の威容を初公開するシン·ハギュンの進撃、権力の膜厚の密室の帝王、イバンウォンのカリスマが引き立つチャン·ヒョク、そして出口のないねじれた欲望を追いかけるカンハヌルの卑劣な目つきまで。 『純粋の時代』のキャラクタースチールは、異なる欲望を追う三人の男の線の太いドラマを通じた三人の男の強烈な変身を予告している。






http://blog-imgs-21.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/mb_mt202_28.gif" alt="top" border="0" width="80" height="20" />">トップへ戻る top


関連記事

2 Comments

ハイビスカス  

封切り 一ヶ月延びたのですね

どちらにしても 韓国まで行って観ることは
出来ないので。我慢しなくては。
でもいつかは行って、ヒョクの舞台挨拶
見てみたいです。

イバウォンのこのショット 何とも言えない
雰囲気が出ていますね。
どんな映画なのか とっても楽しみ。

でも観れるのは、ずっと先ですね。

今はワンソ皇子を楽しみます。

2015/01/21 (Wed) 23:28 | EDIT | REPLY |   

zoi  

●Re: 封切り 一ヶ月延びたのですね

そうですね。ずんずん延びましたね。
最初は2014年末となっていたのが゛、2015年2月、そして ようやく3月で決定^^

> でもいつかは行って、ヒョクの舞台挨拶
> 見てみたいです。

是非、行ってみてきてくだされ~♪


> でも観れるのは、ずっと先ですね。

日本ではずっと先かもしれませんが、
4月中旬~5月のうちには、オンラインで見れると思いますよ^^

2015/01/21 (Wed) 23:33 | EDIT | zoiさん">REPLY |   

Leave a comment