『客主』News/KBS Press release-キャラクターティーザー チャンヒョク編


『商売の神 - 客主2015』 
チャン・ヒョク
<장사의 신 - 객주 2015> 


『商売の神 - 客主2015』
KBS Press release
キャラクターティーザー(第3次30秒ティーザー)チョン・ボンサム編






KBS Press release
http://office.kbs.co.kr/mylovekbs/archives/175005
 
 『客主』お金を持って遊ぶことを知っているチョンボンサム、チャン・ヒョク!
チャン・ヒョク、「俺が チョンボンサムだ!」

2015-09-7 KBS Press release      
  

「ティーザー予告」30秒圧倒的カリスマ!
"'史劇本座が帰還した!
公開直後視聴者、熱々反応!
「やはり期待を裏切らなかった!」

チャン・ヒョク、力強い笑い声から鋭い眼光の真剣な表情まで
吸引力のある"嵐のカリスマフォース"!緊張感UP!

「商売の神 - 客主2015」30秒ティーザー予告、
チョンボンサムの波乱万丈な人生、インパクトあふれる表現!
視聴者、 "大ヒット作品強烈に予感!本邦死守宣言!" 演技期待!


客主 객주 チャン・ヒョク 장혁 チャンヒョク janghyuk


チャン・ヒョクが圧倒的なカリスマを噴出している」商売の神 - 客主2015」のティーザー予告が公開されて話題を集めている。

来る23日初放送予定であるKBS新特別企画ドラマ「商売の神 - 客主2015」(脚本チョン・ソンヒ、イハンホ/演出ギムジョンソン/製作SM C&C)は、過去5、6日から'30秒ティーザー予告を披露し、視聴者の熱い呼応を得ている状況。

何よりも、チャン・ヒョクは「商売の神 - 客主2015」ティーザー予告を介して 持ち前のカリスマ性を発揮し、真の商いを実践する朝鮮一の巨商チョン・ボンサムの姿を表現した。

まず、市場通りを夢中で走り回っているチャン・ヒョクの姿を筆頭に、 “누구 맘대로 천금 같은 천봉삼이의 목을 걸어?”(「誰勝手に値千金のようなチョンボンサムの首をかけて?」) というセリフが流れると同時に何かを探して切迫した表情で緊張感を高めている。

特にチャン・ヒョクは自分の仲間を乱暴に押し倒したパク・サンミョンに向かって鋭い眼光を光らせで狙って見る、、灯火の下から顎を貯まったまま真剣な悩みに陥っているなど、多彩な姿で視線をひきつけている。

最下行商人として逆境と苦難を乗り切る「波乱万丈」のチョンボンサムの生活を短いがインパクトあるように描かれているわけである。

また、「ティーザー予告」末尾では、片手に団扇を持って力強く笑っ反っているチャン・ヒョクの姿が盛られた。 
同時に “조선의 모든 돈을 거머쥐기 위한 쩐내나는 한판이 시작된다!”「朝鮮のすべてのお金を手に握るための銭の戦いが始まる!」というチャン・ヒョクのパワフルな声が重なり、今後繰り広げられるストーリー展開に期待感を増幅させている。

独自の"カリスマフォース"を遺憾なく発揮したチャン・ヒョクの演技に視聴者たちは、「100%カスタムキャスティング」という好評と共に爆発的な関心を出している。
視聴者たちは "ティーザーだけ見ても大ヒットの強度の予感!本邦射手完全蒸します!! "、"やはり時代劇のチャン・ヒョクは、商売の神を成功させるだろうという確信が持てる」、「小説とは全く次元が違う感じがします!近年まれな作品が誕生するようですね」、「30秒のティーザー映像は映画でも見た感じですね。チャン・ヒョクさんの演技、無条件期待している!」、「ティーザーだけでもチャン・ヒョクのカリスマが世界中感じられる!本物の大ヒット!早く放送になればいいですね」と応援を惜しまなかった。

製作会社側は
「単純に行商人が成功する物語の展開にとどまらず、現時代を牛耳っている"お金"という価値について深く考えてみることができるドラマを作ってみたかった。 新しい時代劇ジャンルを導いていくだけの視聴者を満足させることができる完成度の高い作品を作り出すために心血を注いでいる。 期待してください」と話した。

1979年から1465回にわたりソウル新聞で連載されていた歴史小説『客主』を原作とした同ドラマは、廃業した天下客主の後継者チョン・ボンサムが市場の客引きを手始めに、商団の行首、大客主を経て、巨商として成功していく過程を描く。







http://blog-imgs-21.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/mb_mt202_28.gif" alt="top" border="0" width="80" height="20" />">トップへ戻る top

関連記事

0 Comments

Leave a comment