『商売の神 - 客主2015』4話 あらすじ(その3) Capture Review


『商売の神 - 客主2015』4話 あらすじ(その③)
 
チャン・ヒョク
<장사의 신 - 객주 2015> 


『商売の神 - 客主2015』4話 あらすじ (その3)
Capture Review
gr-003_20090809235951.gif
EP.4  2015-10-01Air


まずは、キムソンダルの説話を。
私は全く知らなかったので、...調べました ^^ ;

朝鮮後期の風刺的な人物キムソンダルの話で、韓国では小学生でも皆知っている話とのこと。
落語にもなっている説話。


これをドラマに持ってきたんですね
この手法で、ボンサムは儲けた訳です。


 
【キムソンダル説話】から   ~ざっとこんな風 ^^
 
 キムソンダル 


にわとりだと分かっていながら鳳凰として買ったキムソンダル

ソウル見物にやってきた田舎両班キムソンダルが、通りで農民を馬鹿にしているニワトリ商人見てその商人を困らせてやろうとした。

"これはまさに鳳凰じゃないですか"というソンダルに、商人は初めは"鳳凰ではなくニワトリです"と説明したが、しつこく"鳳凰でしょ!?"と言う ちょっと頭がたりないように見えるソンダルとの問答をしつつ、ふと悪知恵が浮かび、結果「鳳凰です」と答え、高値を出した。

キム・ソンダルはニワトリだと分かっていながら鳳凰として購入し、それを村の使道(サト)様に献上した。

勿論、使道はそれが鳳凰ではなくニワトリだと瞬時に分かる (誰でも分かる ^^)
使道は当然怒る。 サドに叱られたキムソンダルは、(作戦通りに)自分は商人にだまされただけだと弁明する。

使道はニワトリ商人を捕らえてジャン(おしり叩きの罰)を与えた。
そして、最終的には売ったお金と、だましたことへの賠償金まで加えてキムソンダルへ支払わせた。





<参考>「봉이김선달설화」
http://goo.gl/H7UW3x
https://goo.gl/BgnEag







『商売の神 - 客主2015』4話 あらすじ [その3]
  Capture Review  


***********************
"鳳凰"ことニワトリ購入
***********************


センニム(샌님 先生/元々は朝鮮時代、科挙のひとつ"經義"試験に合格した人をさしてそう敬称した)と、その下男に変装したボンサムとチェドリ。

ニワトリ商のニワトリ柵の前で、雌ニワトリを ‘鳳凰’と大げさに褒め称えるBonセンニム ^^

久しぶりにソウルに上京してきた田舎センニムを装い、父親の還暦祝いにと "鳳凰"ことニワトリを購入。


チャンヒョク 客主

チャンヒョク 客主

チャンヒョク 客主

チャンヒョク 客主

チャンヒョク 客主

チャンヒョク 客主

チャンヒョク 客主

チャンヒョク 客主

E10_20151004172847fcc.jpg

E11_20151004172848253.jpg





*******************
ボンサム、作戦継続中
*******************


ボンサムは"鳳凰"ことニワトリを町の使道へ献上する。

使道は、初めはこのBon先生が自分をからかっているものだと思い激怒。
でも、Bon先生は、いけしゃあしゃあと、父親の還暦の贈り物"鳳凰"を使道様に捧げたと....(笑)


E20_20151004183012968.jpg

チャンヒョク

チャンヒョク

チャンヒョク

チャンヒョク

E25_20151004183205967.jpg

E26_201510041832062ac.jpg

E27_201510041832082af.jpg






使道は、雌ニワトリを鳳凰として信じきっているあまりにも純真でか弱げなBon先生が痛々しくなる~~~

「このニワトリはいくらで買ったのか?」

Bon「100両で買いました」


ニワトリは3両で充分な値段。
そんな高額でこんな純真なBon先生に売りつけた商人に怒った使道は、商人を呼びつける。

自分は20両で売りましたと供述する商人 (← コレがほんと^^)

商人はおしり叩きの罰が辛くて耐えきれず、「100両で売りました」と供述を覆した (← 偽証 ^^)
結局、商人は「100両を弁償します」と。


E28_20151004183307bf3.jpg

E29_20151004183309679.jpg

E30_20151004183310429.jpg

E31_2015100418331121f.jpg

E32_20151004183313025.jpg





4話のこのシーンって、、、、
 zoi' レビュー 


単純に見てしまうと、というかシッカと見たとしても、ボンサムがただ悪賢さを発揮したように見えますが、 これって、演出ミスではないでしょうか?

きっと脚本では、そんぱ馬房のチョ・ソンジュンに再会したボンサムが わざとこの儲け方をして見せた、見せつけた __________ となっているのではないでしょうか?
賢く商才のあるボンサムは、他にも儲けてみせる手段はあった筈。 でも、チョ・ソンジュンに置き去りにされたと恨んでいるボンサム。 昔チョ・ソンジュンが密売をしていたことを知っているボンサムは、わざと、このキタナイ人をだます商法を使って見せつけた______________ と、 そういう脚本になっていた筈。

でも、この演出では、ボンサムがただ単に悪賢さを出したように見えてしまいます。
傷ついた子供心を引きづっているがため、わざとこの手段を使った、、、、 という風に感じる部分がありませんでした。

ドラマは、見るものが いかに主人公に共感没入できるかが命!です。
この部分の演出は、コミカル部分はとてもよかった! でもその中にボンサムの本音が描ききれてないので、失敗だったと思います。

次回で 視聴者にそれがわかるシーンが出て来るかと思いますが
ヒョクが演じる物語の主人公キャラクター初登場の演出、...しょっぱなだからこそ、ここで表現するべきだったと、、、、 それが残念でした。 


だから、視聴者はまだこの『客主』に、惹かれていない。
だから、視聴者は、初登場のおとな"ボンサム"に惹かれなかった。
そう感じました。

ドラマを見るのは、ヒョクのファン以外の人々のほうがうんとう~んと!たくさんです。
それらの一般ドラマファンにとっては、この主役登場の演出はただおもしろいだけで流されてしまったような気がします。 韓国のドラマファンは自国のドラマにプライドを持っていると同時にとても厳しく敏感な目を持っています。 グググっと惹きつけるには、やはり主人公のキャラは今ひとつだったのか、ようやく主役登場!の4話の視聴率や話題性があまり伸びなかったのは、そんなところにもあるのではないでしょうか。







http://blog-imgs-21.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/mb_mt202_28.gif" alt="top" border="0" width="80" height="20" />">トップへ戻る top

関連記事

0 Comments

Leave a comment