『ビューティフル マインド』 14話(最終回) あらすじ総合


『ビューティフル マインド』  14話(最終回) あらすじ総合

チャン・ヒョク
<뷰티풀 마인드>Beautiful Mind


『ビューティフル マインド』 
14話(最終回) 2016-08-02 Air  あらすじ総合

ビューティフルマインド チャンヒョク


放送後に上がった いくつかのあらすじ総合記事の中から1本チョイス ^^

<※注> 各所 意訳を加えて翻訳しています。 

line





『ビューティフル マインド』 14話(最終回) あらすじ総合

ビューティフルマインドがハッピーエンドで幕を下ろした。
2日夜KBS 2TV月火ドラマ「ビューティフル・マインド」(脚本キム・テヒ/演出モワンイル、イジェフン)最終回が放送された。


この日イヨンオ(チャン・ヒョク)は、イゴンミョン(ホ・ジュノ)の心を少しだけ理解することができた。
イゴンミョンはジンソン(バクソダム)のために、違法な肺生体間移植を敢行しようとするイヨンオに 「私は反対だ。 医師としてはこんな無茶を容認することができない。父として息子である君が危険となること承諾することはできない」と言った。
こんな言葉を聞いたイヨンオは「今になってやっとあなたの心が分かります。すべての人々の反対にもかかわらず、私を連れて手術室に入ったあの時のあなた、アボジ、あなたのその心」と言っってその場を離れる。


イウンオは肺を提供する場合は、自分の命が危険になることがあるにも関わらずジンソンのために、自分の肺を寄贈した。
ヒョンソクジュ(ユンヒョンミン)が手術に加担した。 手術に入る前イヨンオは「ヒョンソクジュ先生、勇気を出してくれてありがとう」と、自分の本当の心を伝えた。


その結果、ジンソンは生きることができた。
しかし、不法な生体肺移植手術をしたイヨンオとヒョンソクチュが病院で解任される危機に瀕している。 
倫理委員会の二人の解任案が上げられたというニュースを聞いたイヨンオはヒョンソクチュに「再生医療への君の熱望。君の最も重要な信念だったのに...。良い医師もあきらめて、周りの人を裏切ることにまでなってしまった。」と言った。
ヒョンソクチュは「私を非難してください。しかし、まだ、私は再生医療を放棄できません。我々は確かに試行錯誤を経験しています。ここであきらめた場合、今後、誰も命を救うための危険なことをしなくなるだろう。」
「命を救うのは、常に危険に挑戦することではないでしょうか。イヨンオ先生がジンソンのためにした事のように」と、今後も再生医療を研究していくという意味を明らかにした。


イヨンオは病院にやってきたジンソンの弟から「メヒョン(姉の夫)!」と突然呼びかけられた。ジンソンの弟は、「俺は初めて見た瞬間からぴったり感じてた」と言い、指輪でもなく、肺をプレゼントしてくれたと喜んだ。
また、「밀당의 고수(ミルダンのコス)がここにいた~」とうれしがった。
    * 밀당의 고수 :恋の駆け引き上手


不法生体肺移植手術のためにヒョンソン病院のイーグル5兄弟の助けを受けたイヨウンオは、彼等という粘着性がある仲間も得た。
病院で空回りしまったイヨンオは、自分も知らない間に人と交わっていた。 こうしてヨンオは人との関係も進展した。


イゴンミョンとの関係も一歩先へ進展した。
イヨンオはもうこれ以上イゴンミョンの認定は必要なくなったと述べた。モンスターではなく、普通の人という認識を受ける必要はないということ。そして、自分がイゴンミョンの失敗を悟らせてくれる恐ろしい存在だったとし、
「私はあなたを恐れていたと思ったが、肝心の私を恐れていた者は、オボジ、あなたでした。あなたは私たちの間の最大の加害者であり、最大の被害者だったんです。あなたを許す勇気がありません。しかし今、理解はしてみようと思います。だからもうそれくらいにして、自由になってください。私がそうであったように」と言った。
イヨンオはイゴンミョンの手を握って、その場を離れた。


倫理委員会が開かれた。
イヨンオはヒョンソクジュのために自分がすべて被った 。
ヒョンソクジュはやりたくはない手術を自分のためにしたと述べた。
イヨンオは「ご存知のとおり、私は共感障害、反社会的人格障害。人々はサイコパスと呼びますね。 私の脅迫と強圧に負けて手術をするしかなかったんですね」と語った。


医師としてのイヨウンオの将来は風前の灯となったが、ジンソンとの愛は花を咲かせた。
イヨンオは自分の肺を移植を受けたジンソンに「だから、是非是非忘れないでくれよ。 息をするたびに、俺が君をどのように思うのか、また、俺の心の中の君はどんな人なのかを」と言い、
ジンソンは「私をどのように思っているんですか?」と尋ねた。
イヨンオはジンソンにキスをして自分の心を伝えた。そして二人は再びキスをし、お互いの心を確認した。


理委員会は、ヒョンソクジュは救済するが、イヨンオは解任するという方向で意見が集まった。
このときイゴンミョンが立ち上がった。
イゴンミョンは「イヨンオ先生の共感障害が問題であれば、罰を受ける人は私です。イヨンオ先生が共感障害にされてしまったのは、医療事故を隠すための私の虐待であったからです」と告白した。
イゴンミョンは院長職から退き、イヨウンオの解任案は撤回された。


ヒョンソクジュは、自分たちの見違いを認めた上で再生医療の研究を続けていくことにした。


チェスンホ(イ・ジェリョン)は、カンヒョンジュン理事(オジョンセ)に捨てられた。カンヒョンジュンは病院が騒がしくなるのを防ぐためにチェスンホに自首を指示した。


イゴンミョンは病院を去る時イヨンオに「私は、私が認める最高の医師をこのヒョンソンに残したかっただけだった」と話した。




時間が流れた。 
イヨウンオはまだ共感障害であった。
しかし、この共感障害が患者にとってより大きな力になった。
イヨンオは聴覚神経を失う危機に瀕しているチェリストに「私は他人の感情を感じない共感障害です」と告白した後、「私はあなたの隣にいるつもりです。あなたの痛みに目回さも疲れもしないんです。あなたが私を必要とするその瞬間、私は継続して手を伸ばします。 あなたがとても元気になってこの病院を出るその瞬間まで」と言った。


イヨンオとジンソンの愛はすくすく成長していた。
横断歩道の上で出会った二人は、幸せな笑顔を浮かべていた。

「私ができる唯一の選択は、君を愛することです」というイヨンオのナレーションが加わった。



http://blog-imgs-91.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/20160803165347e6ds.jpg" alt="20160803-ピュマEP14" border="0" width="720" height="720" />">20160803-ピュマEP14
https://www.instagram.com/p/BIoqRImjSHQ/?taken-by=justjanghyuk_zoi





http://blog-imgs-21.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/mb_mt202_28.gif" alt="top" border="0" width="80" height="20" />">トップへ戻る top


関連記事

0 Comments

Leave a comment