『ありふれた悪事』日本版DVD 予約受付が始まりましたよ♪


『普通の人』(邦題:ありふれた悪事) 


チャン・ヒョク
<보통사람 >Ordinary Person


『ありふれた悪事』
日本版DVD 予約受付開始


ソン・ヒョンジュ、チャン・ヒョク主演
Movie 보통사람(原題:普通の人)


http://amzn.to/2BAkMBc
発売予定日 2018年3月2日
amazon「予約商品の価格保証」対象商品
予約注文した時点から発送手続きに入る時点(または発売日)までの期間中の
Amazon.co.jp の最低販売価格が、支払う金額となるので安心^^





登録情報
出演: ソン・ヒョンジュ, チャン・ヒョク, キム・サンホ, ラ・ミラン, チョン・マンシク
形式: Color, Dolby, Widescreen
言語: 日本語
リージョンコード: リージョン2
画面サイズ: 2.35:1
ディスク枚数: 1
販売元: TCエンタテインメント
発売日 2018/03/02
時間: 121 分




amazonでの 内容紹介
http://amzn.to/2BDLGYX

モスクワ国際映画祭で主演男優賞&最優秀アジア映画賞の2冠達成!
韓国独裁時代、平凡な刑事に命じられた「捏造捜査」を描く衝撃のサスペンス!

★モスクワ国際映画祭2冠達成ほか、全世界での圧倒的評価がユーザー満足度を完全保証!
フィクションながら韓国軍事独裁時代末期の暗い歴史を真正面から描ききり本国で大きな話題を集めた本作。
さらに世界四大映画祭の一つ、モスクワ国際映画祭で主演男優賞と最優秀アジア映画賞の2冠を達成するなど、
国境を越えて全世界で獲得した圧倒的な評価の高さが目の肥えたユーザーの満足を完全保証!

★ 韓国独裁時代の闇を抉り出す骨太なストーリーと豪華キャスト陣がユーザーへ強く訴求!
主演は『リバイバル 妻は二度殺される』などの大ヒット作で知られる韓国映画界を代表する名優ソン・ヒョンジュ。
本作では軍事政権に「捏造捜査」を命じられる平凡な刑事で哀愁漂う熱演を見せ、モスクワ国際映画祭で主演男優賞を獲得!
さらに脇を固めるのは『僕の彼女を紹介します』のチャン・ヒョク、キム・サンホ、ラ・ミラン、チョン・マンシクら実力派俳優たち。
韓国現代史の暗部を描く骨太な物語とそれに強固な説得力を与えるキャスト陣の熱演がユーザーへの訴求を猛烈プッシュ!


【あらすじ】
その国で”普通の人”は正義に殺される

少々荒っぽいが、正義感の強い平凡な刑事カン・ソンジン。足の不自由な息子のことや、内職して家計を支えている妻のこと。
気がかりなことは山ほどあるし、楽しみといえば近所に住む大親友の記者ジェジンと酒を酌み交わす事くらい。
それでも日々幸せに暮らしていた。しかしそんなある日、ソンジンは大統領直属の情報機関である国家安全企画部の室長ギュナムに呼び出され、
別件で逮捕した男が国民を恐怖に陥れている連続殺人事件の犯人であると告げられる。極秘資料を提供され裏付け捜査への協力を命じられると、
一旦はギュナムの話を信じたソンジンだったが、捜査を進めれば進めるほど男が犯人ではないことに気付く。
連続殺人犯逮捕のニュースは国民の目を欺くためにギュナムが仕掛けた完全な捏造だったのだ。多額の報酬、そして息子への治療への援助と引き換えに、
ソンジンに捏造捜査の続行を命じるギュナム。一方、捜査に疑いの目を向けるジェジンは、国家安全企画部の陰謀を暴くべく、妨害を受けながらも取材を続けるのだが…。

【キャスト】
ソン・ヒョンジュ『リバイバル 妻は二度殺される』
チャン・ヒョク『僕の彼女を紹介します』
キム・サンホ『海にかかる霧』
ラ・ミラン『国際市場で逢いましょう』
チョン・マンシク『アシュラ』

【スタッフ】
監督 :キム・ボンハン
脚本:チョ・サムエル
撮影:キム・ソンチョル『ビッグマッチ』
音楽:チョン・ジノ『技術者たち』

【DVD仕様】
2016年/韓国/片面2層/121分/音声:韓国語ドルビーデジタル5.1chサラウンド/字幕:日本語字幕/16:9LBシネスコ

【特典映像】
予告編
※仕様・特典内容は変更となる場合がございます


発売元:クロックワークス
販売元:TCエンタテインメント


内容(「Oricon」データベースより)
平凡な刑事のソンジンは、ある日大統領直属の情報機関である国家安全企画部の室長ギュナムに呼び出される。別件で逮捕した男が国民を恐怖に陥れている連続殺人事件の犯人であると告げられ、裏付け捜査への協力を命じられた。一旦はギュナムの話を信じたソンジンだったが、捜査を進めれば進めるほど男が犯人ではないことに気付く。連続殺人犯逮捕のニュースは国民の目を欺くためにギュナムが仕掛けた完全な捏造だったのだ…。

ありふれた悪事 チャンヒョク

関連記事

0 Comments

Leave a comment