『マネーフラワー』(お金の花)11話・12話 あらすじ (総合記事)


『Money Flower』 Ep.11,12 あらすじ


チャン・ヒョク
<돈꽃 >Money Flower(お金の花)


『マネーフラワー』11話・12話 あらすじ

 ....ちょっと詳しいあらすじ記事

11話・12話、いつも通りそれぞれ2回視聴はしたのですが
忙しくて(← 家事ではなく、ヒョクごとで ^^ ; ;;;)
キャプチャレビューが綴れません。

次回13話のために、
ちょっとばかり詳しいあらすじ記事をピックアップして訳しておきます。




'돈꽃' 장혁, 장승조 정체 오비서 박정학 아들 폭로
   …박세영, 부친 박지일 자살에 충격!
http://news.g-enews.com/view.php?ud=201712172328461331c4c55f9b3d_1&md=20171218000709_J

 
2017-12-8 00:07 글로벌이코노믹


『マネーフラワー』、チャン・スンジョはオ・ギピョン(パク・ジョンハク)の息子であることが明らかになった。

去る16日夜放送されたMBC週末ドラマ『マネーフラワー』(演出演出キム・ヒウォン、脚本イ・ミョンヒ)11話、12話では、チャン・ブチョン(チャンスンジョ)の実父がチョン・マラン(イ・ミスク)の個人秘書オ・ギピョン(パク・ジョンハク)であることを、カン・ピルチュ[本当の正体:チャン・ウンチョン](チャン・ヒョク)が暴露している衝撃の反転が描かれた。

この日オギピョンはチャン・ウンチョンを見つけるために、再び加平(かぴょん)を訪問した。カン・ピルジュが加平へ行ってきたことに疑問を抱いてのことだった。

先立って、カンピルチュは、自分に身分を貸してもらっている本物のカンピルジュの命日を迎え、加平を訪問し祭祀を務めた。
また、夫チャンブチョンの内縁の女がユン・ソウォン(ハン・ソフィ)であることを知って衝撃を受けたナ・モヒョン(パク・セヨン)も偶然バスに乗って加平に向かった。ナモヒョンはピルジュのヤンボンの家で偶然彼と会うことになった。

祭祀を終えたピルチュは「カン・ピルチュや、お前の名前は必ず返すからな」と言いながら位牌を箱中に大事に入れておいてから車で待っていてくれたナモヒョンとともに無心院に戻った。

1-1zのコピー

1-4zのコピー

1-7zのコピー

1-8zのコピー

1-1zz.jpg

1-11z.jpg

1-10z.jpg

1-9z.jpg



無心院に到着したピルチュは車で眠りに入ったナモヒョンをどうしても起こすことができなくて、結局その横で眠りについた。
しかし一晩中ナモヒョンを待ったチャンブチョンは、車中で妻モヒョンとカンピルジュが一緒に寝ているのを見て嫉妬心を爆発させた。 チャンブチョンは「モヒョンさんが偶然に加平に行ってがお前と出会った。あまりに偶然が重なるじゃないか、二度とこのような事がないように」と、ピルジュに向かって怒った。

2-1-3z.jpg

2-1-2z_2017121819185019e.jpg

2-3z.jpg

2-4z.jpg


一方、オ秘書を密着監視していたパク・ヨング(リュダム)は、加平の義兄弟から電話を受け、ピルジュに「オ秘書が加平へまた向かった。なんだか不安だ」と伝えた。

オギピョン秘書はカンピルジュの行跡を把握するために町内を回ったり商店で村人から情報を集めた。 町内の人々はオ秘書にピルジュが法要を執り行なって行ったと教えた。「父祭祀ではないのになんで法要を執り行なって行ったの?」とい村人の言葉に疑惑を抱いたオ秘書はヤンボンの家へ向かった。

4-2z.jpg

4-4z.jpg



ヤンボンの家を探し始めたオ秘書は遂に箱の中に'カンピルジュ神位'位牌を見つけて衝撃を受けた。  
カンピルジュが、まさにチャンウンチョンであることを確信したオ秘書はすぐにチョンマランに電話をかけた。 チョンマランが「チャン・ウンチョンを見つけたの?」と尋ねるとすぐにオ秘書は「はい」と答えた。

しかし、カンピルジュが一枚上だった。
オ秘書が「カンピルジュがチャンウンチョン」と言う瞬間、ピルジュが電話を奪った。
電話を奪われたオギピョンは、「カンピルジュ、お前がチャンウンチョンなんだな」と尋ねた。ピルジュが「はい」と言うとオギピュンは「そうだったんだな、さ早く携帯電話を返してくれ。イ理事(チャンマラン)はチャンウンチョン見つけたのでお喜びになる」と冷ややかに言った。

カンピルジュはオギピョンは「なぜ自分を隠したんだ?」と尋ねた。
これに対しピルジュは「それは誰よりもオ秘書様がご存知なのでは?。うちのキョンチョルを水に投げ捨てたオ秘書様に、どうして私がチャンウンチョンだと明せましょうか?そう、5年前にも殺そうとなさったのに」と答えた。

オ秘書は「俺をここで殺すのか? 俺をこのままにしておくと、俺がイ理事にチャンヨンチョンの正体を話すのだがね」とピルジュを挑発した。 しかしカンピルジュは「多分、オ秘書様は、死ぬまで俺がチャンウンチョンだと誰にも言うことができない筈です。俺がそのように作るはずですから」と断言した。

オギピョン秘書はナイフを振り回してピルジュは手をけがした。
しかしカンピルジュはひるむことはなかった。ピルジュは電話で「ブチョンや~。 お前の本当の父親が誰だか分かっているんだが教えてやろうか?」と言った。 ピルジュがブチョンに電話をしたため(嘘の電話。実際には電話ししていない) オ秘書は遂にひざまずいた。オ秘書が、まさにチャンブチョンの生父だったのだ。

カンピルジュはしっぽを巻いたオ秘書に楔を刺した。
「オギピョン様。 カンピルジュがチャンウンチョンですか?」と尋ねると、すぐにオ秘書は「いや、違う。チャンウンチョンを探し出すことはできなかった」と答えた。

しかしピルジュは「チャンウンチョンが捜し出しなさいとするその毒草とても面倒でたまらない。 さあ早く、ウンチョンを探して続けるイ理事に告げててください」とオ秘書を急き立てた。 息苦しくオ秘書は「どう告げればいいんだ?」とピルジュに問い返した。

ピルジュは「それまで私が申し上げればおもしろくないでしょう。オ秘書の頭をとんとんして自分で考えてくれなくては。 父親役、一回はしなければ。 これがすべてチャンブチョンのための事なんだから」と皮肉った。そしてピルジュは「さ、オギピョンさん。 チャンブチョン早く探します」と言いながら電話機をオ秘書に返した。

4-5z.jpg

4-6z.jpg

4-7z.jpg

4-8z.jpg

4-9z.jpg

4-11z.jpg




ピルジュがオ秘書がチャブチョンの生父であることを知ったのは5年前だった。
チョンブチョンとナモヒョンの結婚式場で、オ秘書はチョン・マランに「今日ただ一回だけでも父になって少し離れた所でててから結婚式を見守りたいのです」と頼んだことがあった。 鋭利に見詰めたピルジュのレーダー網にオ秘書が捉えられその話をピルジュが聞いていたのであった。

1-1z.jpg

1-3z.jpg

1-2z.jpg

2-1-kz.jpg

2-2kz.jpg



加平を発ったピルジュはオ秘書よりも先に無心院に到着した。
ピルジュを見チョンマランは「オ秘書から電話があった。明らかにチャンウンチョンを見つけ声だった。でも急に電話が切れて...」と愚痴をこぼした。ピルジュはチョンマランがが彼の手のケガを見つけ、心配したが「私がちょっとへまをして怪我をしたのです」と答え言葉を遮った。

続いてオ秘書が帰ってくるとチョン・マランは「チャンウンチョンはどこにいたの?」と尋ねた。オギピョンは無縁遺体を確認したと答えた。「チャンウンチョンが死んだ?」というジョンマルランにオギピョンは、「病院の死体安置所にいるので、遺伝子を確認します」と答えた。ジョンマルランは「チャンウンチョン、良い所に行って永眠しなさい。私が埋葬を済ませてあげるわ」と言い、背筋が寒くなるを誘った。

3-1z.jpg

3-3z.jpg

3-4zのコピー



オ秘書がカンピルジュを訪ねてきた。ピルジュは自分の髪を渡した。オギピョンは「チャンブチョンは、自分がチャン氏の家の息子ではないことを知っている」と実父を探すのではないかと気にしていたが、しかし、ピルジュは、「チャンブチョンは実父が誰にせよ故チャンスンマン(ハンドンファン)副会長を凌駕する人がいない。実父を探すだなんて思いつかなかったですよ」と答えた。

3-9z.jpg

3-10z.jpg

3-11z.jpg

3-12z.jpg



ただ息子の横にいるだけだったとしても幸せなオギピョンは早く出勤するチャンブチョンを見てパッとほほ笑み、寒くないようにちゃんと着て行きなさいと言って心配する特別な父性愛を見せた。
チョンマランは偽のチャンウンチョンの葬式を済ませ、アンホギョン(チョン・ソヨン)、チャン・スマンたちの位牌の家族写真とともに納骨堂にまつった。 しかしチョンマランはチャンウンチョンの葬式を済ましてからも悪夢に苦しむ姿を見せてまだ終わらない悪縁が残ることを予告した。

3-14z.jpg

3-14-1z.jpg

3-14-2z.jpg

3-16z.jpg

3-15z.jpg



一方、チャンブチョンは息子ハジョン(ホン・ドンヨン)をチョンアの何者かが殺そうとしてしていることが分かり祖父グックァン(イ・スンジョ)に急に挨拶をさせた。
他でもない、チョンマランが息子ブチョンの内縁女ユン・ソウォンと孫ユンハジョンを殺そうとしたのだ。 チャングックファンは帳簿布が急に婚外者の生んだ子を連れて押しかけてきたことを怒った。

4-1.jpg

4-2_20171218214723638.jpg

4-3_20171218214723565.jpg



またこの日、チャン・ソンマンと息子チャン・ヨチョン(イムカンソン)は、ナ・ギチョル補佐官ヤン・ソンド(クォンヒョック)とともにナギョル議員(パク・ジイル)の不法選挙資金授受を暴き立てて窮地に追いやった。 ソンマンは兄嫁であるチョンマランがこのすべての責任から監獄で冬を過ごすはずである...とつぶやいた。

しかしカンピルジュが出てきて、ソンマンが選挙資金をつけたことで帳簿まで操作をしていた。 先立ってピルジュは選挙資金がかかった裏金の乗ったトラックをオ社長に強奪されたことがあった。
もし事が起これば一二ヵ月だけ刑務所で暮らして出なさいと言って偽りの帳簿を伝達しておいたのだった。


***

その後、ナモヒョンの政略結婚の記事が炸裂しまったことからピルジュはチャン・ククァンの言葉が何を意味するのかを知った。 ピルジュはナギチョル議員がいる病院に走って行った。しかし、すでにナギチョル議員は、トイレで首をつった後だった。
ドアの外にはナモヒョンがアッパーと嗚咽し、衝撃のエンディングを迎えた。

この日パク・ジョンハク(オ・ギピョン役)は不気味な殺人鬼の表情と、善良で慈しみ深い父の表情を行き交って没入感を高めた。



IMG






関連記事

0 Comments

Leave a comment