台本は"設計図"、tjは黒歴史ではない/InterviewI② <カネの花>チャン・ヒョク

0 0
『カネの花』 돈꽃 MoneyFlower

 Round Interview ②


チャン・ヒョク
<돈꽃>Money Flower


『カネの花』終映ラウンドインタビュー②
뉴스엔-

●台本は"設計図"
●TJ....歌手になるつもり皆無だったが、黒歴史ではない


Interview date : 2018.02.08 a.m.
チャンヒョク 『カネの花』終映ラウンドインタビュー②



TJに関しては、インタビューで本人も言ってます
「この説明はもう10年目もしている」と ^^ ;

はい。 
もうずっと聞いてます(笑)



‘돈꽃’ 장혁 “TJ 시절 가수할 생각 1%도 없었다, 흑역사 NO”(인터뷰②)
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201802080912370410
 
チャン・ヒョク、TJ時代、歌手になるつもりは1%もなかったが、黒歴史NO(インタビュー②) 
2018-02-08 10:52  뉴스엔


俳優チャン・ヒョクが演技者としての所信、過去TJで活動した時代にまつわる秘話を語った。

チャン・ヒョクは、2月8日午前、ソウル江南区論峴洞のあるカフェで行われたインタビューで、過去3日幕を下ろしたMBC週末ドラマ「トンコ」(脚本イ・ミョンヒ/演出キム・ヒウォン)放映終了所感を打ち明けた。


<※中略※ 作品紹介部分を省略>


信じて見ることができる俳優だが、隠れた努力も少なくなかった。
チャン・ヒョクはキャラクターの特性上、専門用語が多かったセリフについて
「基本的に、実際の勉強をしてすら入らなければならない状況だった。以前に"マイダス"という作品をしたとき、当時勉強した分、新聞を見.などして経済用語も頻繁に使わない単語もいくつかの意味を知っていて開始した。
ただ使い慣れてない言葉については、100回以上ならなければ、私の言葉とならないと思っていた。限られた時間の中で話す状況は大変だった」と打ち明けた。

続いて染まっ下線と手書きでいっぱいだったトンコの台本について
「セリフを言うとき説得をしなければならないと思っいた。私は、なぜ話をするのか、どのような意図を持って相手の俳優たちを前にすべきかと考え、台本は設計図と考えていた」と説明した。



ドラマの話だけでなく、過去の「TJ」で活動した時期の本音も打ち明けた。
チャン・ヒョクはTJ時代について
「今では、黒歴史だと思っていない。90年代後半と2000年代初めには、男たちがミュージックビデオを撮ることは、演技的な面であった。あの頃は、自分のイメージメイキングのために撮ったりしてジャンル的多様性を持つことができる時期だった。当時私はアウトサイダー的な演技をたくさん引き受けた」と述べた。

「歌手になるつもりは全く1%もなかった。画像メーキングをするために行ったのだ。この話はもう10年目もしている」
「来年することになるかもしれないから同じように受理できない」と笑った。
また、彼は
「TJプロジェクトは、プロジェクトだ。アルバムを出すという概念ではない。例えば、誰かと仕事をしたとき、それプロジェクト性になることもあるだろうし。個人的に黒歴史ではない。当時私が活動した舞台は今とは違った。当時は俳優として様々な画像を作成する状況だった」と回想した。






インタビュー写真は、
こちらにまとめています (全部同じサイダス写真なので ^^;)
http://1janghyuk.blog17.fc2.com/blog-entry-9707.html









いつも訪問くださってありがとう!

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計


スマホでは 日計と週計は表示されません
関連記事
돈꽃カネの花マネーフラワーお金の花チャン・ヒョク장혁チャンヒョクjanghyuk

0 Comments

Add your comment